ある活字中毒者の日記

       神は細部に宿る

悔いなき人生とは

TV番組に蔓延する『日本スゴイ!』『日本の技術は世界いちぃぃぃぃぃぃ』の風潮が終わらない。
NHKBSの『クールジャパン』あたりからだと記憶するが、2020年のオリンピックが決定し、更に加速がついてきたようだ。

自画自賛ぶりに辟易し、そういう類の番組は、見ないようにしているのだが、うっかり遭遇した時の、居心地の悪さと来たら!

『外人さんにTVカメラ向けたら、そりゃリップサービスするって、人間だもの』
『円安だから買い物に来てるだけだしぃ』

結局、今だに日本人は欧米コンプレックスが抜けないのだ。

日本が、白人に褒められて、ヤッターって喜んでいるみたいな。


ところで、そんな日本自画自賛の中に、新幹線安全神話があった。

スピードが世界一! 時間の正確さが世界一! トイレがピカピカで世界一! 無事故世界一!

古い車両の、よく遅れるローカル線に乗りなれている身にすれば、列車カースト最上位の新幹線は、羨望の的だったのだが・・・・。

例の焼身自殺によって、新幹線の弱さが、否応もなく、露呈された。

この71歳の犯人、多くの死傷者を出し、その罪は赦されるものではないのだが、図らずも、二つの事実を私たちに残して逝った。それは、

安全神話などは無いということ。そしてもう一つは、年金、月12万円は少なすぎるということ。

ちなみに月12万円は、平均的に見ればそんなに少ない額ではない。

国民年金を満額払っても、受け取れる年金は、月6万5千円程度だ。

この犯人、若いころはギターで流しをしたりと、結構気ままな生活をしていたようだが、それで月12万の年金は、数字から見れば悪くない。

しかし、実際12万円で生活するのは大変厳しい。

都心に住めば、家賃だけで大半、国保や水道光熱費、食費を払ったら、もう残らないではないか。

サイレントマジョリティーが耐え忍んできたこの問題に、この71歳の犯人は、やり方は間違ってはいるが、声を上げたわけだ。

そんな訳で、国民年金だけで生活している方は、この事件をどう思っているのだろうか。








夜明けの海が見たかった

aoki1最近なぜか「青木繁」がマイブームになっている。

昨年が没後100年ということで、東京のブリジストン美術館で開催されたし、私の好きなBS日テレの番組『ぶらぶら美術・博物館』で大々的に紹介されたせいだろう。

ところが恥ずかしいことに、青木繁コレクションの本家ともいうべき、久留米の石橋美術館に私はまだ行ったことがなかったのだ。

同じ県内に住みながら、なんという怠慢さ!

これではいけないという事で、早速、石橋美術館に、はせ参じたわけだが、日曜日に出かけたのにもかかわらず、美術館の閑散とした雰囲気というか、お客の少なさにびっくりした。

数少ないお客も、大半が高齢者割引の対象者と思しき方々ばかりなのだ。
建物や設備が立派なだけに、石橋さん大丈夫なのか、それともお兄さんの(弟かも)、ブリジストンさんが稼いでくれるから回っていけてるのか、と余計な心配をしてしまった。

先日行った九州国立博物館の『細川家の至宝』が、押すな押すなの大盛況だったせいかもしれない。
そんな訳で、『海の幸』などの名作を一人独占できる贅沢に浸るよりも、申し訳なさの方が勝ってしまった。

閑話休題。 青木繁については、『海の幸』が大絶賛された後、自信をもって東京府展覧会に出品した『わだつみのいろこの宮』が、期待はずれの3等末席に終わり、失意のうちに父危篤の知らせを受け、故郷の久留米に帰り、その後中央画壇に戻ることもなく、放浪の旅の果て、28歳の若さで亡くなったと言われている。

今回、石橋美術館には展示してなかったが、彼の絶筆『朝日』をテレビで見たときは衝撃だった。

彼が晩年を過ごした佐賀は、九州の西の端であり、海から朝日は見えるはずもない。

余命いくばくかの彼が何を思って絵筆を握っていたのか、その気持ち、察するに余りある。

さて、問題の『わだつみのいろこの宮』、古事記をモチーフにしたこの作品、確かに美しいとは思ったが、あまり心に響かなかった。

それは『海の幸』を見たときの衝撃があまりにも強かったせいだろう。
『海の幸』の漁師たちは、私には、海から現れ海に消える精霊たちに見える。

その気高さとたくましさが、ぐいぐいと迫ってくるのに圧倒された。

『わだつみ・・』が3位末席に終わったのも、中央画壇の「青木はもっとすごい絵が描けるはずだ」という期待があったからではないか。

だがそれを受け止めるには、青木はあまりにも繊細でかつ若かったのだ。

さて美術館の帰り、久留米駅も閑散としていた。

九州新幹線も開通したのに、こんなので良いのか!

失意のうちに亡くなった青木を思い、ほろ苦い思いが残った石橋美術館であった。
imagesCA5QMI1S
images






















おもてなしの心

imagesCANAI4JO

今のところ、今年もっとも嬉しい出来事と言えば、サッカー女子ワールドカップドイツ大会における、日本チームの優勝だろう。

ご多分にもれず、私は女子サッカーについては、ニワカだが、夢中になった理由は、なでしこ達の活躍だけではない。

初めてテレビで予選リーグを観たとき、その観客の多さにまず驚いたのだ。

私自身、どうせ女子の試合、という偏見があった。しかもその時はドイツではない他国同士の試合だったのだ。にも関わらず、地元ドイツ国民たちの熱心な応援に、思わず
『もしかしたら女子サッカーって面白いのかもしれない、サッカー王国のドイツ人がこんなに観戦しているんだから…』

そう考え出すと、緩慢だと思えた女子の動きも、逆にゲームが見やすく、男子と違いこずるい事をせず、基本に忠実でフェアな女子に、とても好印象を抱くようになった。

その後も観客は増え続け、決勝戦では約5万枚のチケットが売れ切れ、会場は大入り満員だった。

アメリカと日本、ドイツどころかヨーロッパ大陸以外の国同士の戦いに、こんなに熱い声援を送ってくれたドイツ人たち。延長戦を過ぎ、PK戦を過ぎ、表彰式を終えるまで、満席の観客は、しっかり見届けてくれた。

同時に開催されていた南米のコパアメリカで、試合によってずいぶん空席が目立つことがあったことを考えてみても、これはスゴイことだ。

また設備やセレモニーといった舞台装置の豪華だったこと。

特に表彰式は、ドイツで2006年開かれたワールドカップより派手だった(前回は確か花火はなかったと思うが)

男子と遜色ないというよりも、男子以上に豪華な舞台装置だった。
5年前ワールドカップを開いた時の設備やノウハウがあるとは言え、そのホスピタリティには頭が下がる。

なでしこ達の清々しさと、ドイツ人たちのおもてなしが深く心に刻まれた、今回の女子ワールドカップだった。
imagesCAZSO56U


画家たちの暗い青春

画家たちの二十歳の原点

前回のエイミー・ワインハウスのように、音楽家には、若くして驚くべき才能を発揮する人がいる。
古くはモーツアルト、日本においても、宇多田ひかるは16歳でミリオンセラーを出したし、滝廉太郎は21歳で『荒城の月』を作っている。

10代20代ですでに完成されているのだ。もちろん年配の音楽家もいるが、やはり若い頃の勢いは感じられない。

それに比べ、画家で若い頃ブレイクした、という人を私は知らない。

以前ゴッホの若い頃の絵を観たら、とても基本に忠実で、でも凡庸な感じだったのを思い出す。
つまり、絵や彫刻、陶芸などは年を重ねれば重ねるほど、アバンギャルドになっていくようなのだ。

では今をときめく画家たちは二十歳の頃どんな絵を描いていたのか。

先日、下関市立美術館で『特別展 画家たちの二十歳の原点』を観た。

明治から現代までの画家たちの、二十歳前後の油彩作品を集めたものだ。画家は53名、作品数は約110点。

黒田清輝、青木繁、梅原龍三郎から、草間弥生、横尾忠則、石田徹也まで、夭逝した人、長生きした人、現在も活躍中の人など、そうそうたるメンバーの20歳の原点がそこにあった。

それぞれに見ごたえがあったが、全体的にどの作品も暗い。
まだ自分が何を描いたらよいのか分からない、テクニックや基礎に縛られて思うように描けない、あるいは尊敬する画家の呪縛から逃れられない。

絵の横には、作家たちが書いた日記や手紙の言葉が張ってあるのだが、悩み、苦しみを吐露したその言葉がまた重く暗い。

20歳の画家たちにとって明るく楽しい青春なんて全く無縁なのだ。

ただ20歳で結核で亡くなった関根正二の絵はしっかり完成されていたように思う。
自分の宿命を悟っていたのだろうか、すごい人だ。

結核、スペイン風邪、そして不慮の事故死というのが、早世した人たちの原因トップ3のようで、自殺した人は、いないようだ(よく分からないが)

そんな訳でかなり考えさせられた特別展でした。個人的には石田徹也氏には生きていてほしかったなー。
img_1041623_29072281_0
f0102471_948270









可愛いエイミー

IMAGE_FILE_URL
イギリスの歌手、エイミー・ワインハウスは大好きなアーティストだ。

たぶん中学生の頃キャロル・キング以来の、夢中になった女性歌手ではないだろうか。

初めて彼女の歌声をラジオで聴いたとき、きっとこの人はベテランの黒人ソウルシンガーだと思い込んだものだ。


それほどエイミーのボーカルは熟成されたいぶし銀の魅力に溢れていた。

そして代表曲『リハブ』を聴くと分かりやすいのだが、彼女のボーカルはテンポが少しずれているというか、微妙に遅れている。

だが逆にそれが心地よく味わい深い世界を作っているのだ。

きっと彼女は既成の『音楽機構』にとらわれない稀有な才能の持ち主なのだろう。

そんな魅力あるエイミーだが、2006年の名アルバム『back to black』以降、ここ数年聞こえてくるのはゴシップばかり。

薬中毒、アルコール中毒、奇行、逮捕・・・・・・。

スキャンダラスなニュースは、彼女が2008年グラミー賞で5部門受賞した後でも、終わることはなかった。

今年に入って、もはや「廃人同然」という噂も聞き、やきもきしていた時、スカパーで、エイミーのライヴ映像を観ることができた。

それは2008年7月、アイルランドでの野外ライヴで、黒っぽいスーツの男性バックバンドを従えたシンプルなステージだ。

そこでの、白いキャミソールドレスのエイミーのなんと可愛らしい事!

優等生レディ・ガガのようにダンスが出来るわけでもなく、歌いながら不器用に体をくねらすだけ。

そのしぐさが、まるでおしっこをがまんしている少女のようで、頻繁にずり落ちてくるキャミソールドレスの肩ひもをせわしなく上げる仕草。

その無頓着さ、天真爛漫さ、思わず抱きしめたくなるほどの愛おしさ。

それでいて響いてくるのは、深みのある天下一品の歌声だ。

今は批判の嵐にさらされているが、彼女はいつか必ず復活する。新しいアルバムを楽しみに待とう。そう思ったものだ。


今朝、新聞の片隅で、エイミーの訃報を知る。享年27歳。
Amy-Winehouse
10054691967s
Back to Black
Back to Black
クチコミを見る
バック・トゥ・ブラック(期間限定特別価格)

フランク
フランク
クチコミを見る


白いドレスの女

有川浩さん、という作家の存在は知っていた。
大変人気のある小説家で、ドラマ化された作品もあるが、私はまだ読んだことがなかった。

このたび『阪急電車』という小説を選んだのは、映画化されたのもあるが、何より解説を児玉清氏が書いているのに惹かれたのだ。

期待した通り、大変読みやすい。文章もウィットが効いてるし、関西弁の会話もチャーミングで、人気があるのもうなづける。

・・・・・でも、肝心の登場人物に魅力を感じないというか、感情移入が出来ない。

特に最悪なのが、美人OLの翔子。

同期入社の婚約者を、同じ会社の地味な同僚に寝取られた翔子は、恨みを晴らすため、ある行動をとる。

それは花嫁と見紛うような純白のドレスを着て、元婚約者と地味な同僚の、結婚披露宴に登場するというものだ。

このあたり、作者は翔子に対し、とても同情的だ。

だが、翔子のように美人でも人気者でも優秀でもない私は、彼女よりも婚約者を奪った地味な同僚のほうにシンパシーを感じてしまう。

どんなに弱い生命体でも、生き残るための戦略を持っている。

地味な同僚(この人、名前さえつけてもらってない)は、それを実行したに過ぎない。それも命懸けで。
油断していた翔子の方に抜かりがあったと言えよう。

それに気付かない翔子は、会社の人たちはみな自分の味方と信じているが、案外彼らは心の中で笑っているのかも。

思うに、この有川浩さんって人、ずっと陽の当たる人生を歩んできた人じゃないのかな。

弱い人、みっともない人、ダメな人に対する視線が画一的だ。

ところで、この作品の中で、好きなキャラは、伊藤さんというおばさん。

ブルジョワのおばさまたちのグループに馴染めず、彼女らの傍若無人さに思わず胃が痛くなってしまう小心者だ。

おばさんの世界でもこういったいじめられっ子体質の人っている。

この人にはどうか幸せになってほしい。

そんな訳で、せっかく児玉清さんがお勧めした有川さんだが、私には真っ直ぐすぎるかも。

阪急電車
阪急電車
クチコミを見る

 

 

 

 

 

 

馬車と風車と大工仕事

imagesCAYMBQBX私がよく利用するシネプレックス系映画館では、今『午前十時の映画祭』という企画が行われている。

これは往年の名作たちを、一年間連続50回、朝十時から入場料千円で上映するものだ。

そして今週は、『刑事ジョン・ブック 目撃者』ということで、公開当時、見逃のがしたこともあり、上映を待ち望んでいた私は、喜んで映画館に向かった。

粗筋は、『午前十時の映画祭』より、
ペンシルベニア州の片田舎に住むアーミッシュ(厳格な規律を守る超保守的なキリスト教の一派)の少年サミュエルは、母レイチェル(K.マクギリス)とともに叔母を訪ねて旅に出る。その道中、サミュエルは駅のトイレで殺人事件を目撃してしまう。担当刑事ジョン・ブック(H.フォード)はサミュエルの証言から警察内部の犯行だと感づくが、その矢先、犯人の手により銃で撃たれて負傷する。なんとか母子を村に送りかえすも、その帰りに気を失うブック。そして倒れていたところを村人に救われ……。

e0042361_23352233一見刑事もののサスペンス風だが、実はちがう。監督のピーター・ウェラーも、サスペンスにする気はさらさらないようで、早い時点で真犯人を明かしているし、ラストの、ジョン・ブックと犯人の死闘も、取って付けたようだ。

この物語のテーマは何と言っても『アーミッシュ』である。

こんなに誠実に、アーミッシュの人々、生活、その精神性について描いた作品がかつてあっただろうか。

シンプルで静かな生活。争いを好まない穏やかな人々。
電気のないほの暗い室内は、未亡人レイチェルの陰りある美しさをより引き立たせる。

74たアーミッシュの人々が独特の言語(ドイツ古語)と英語を巧みに使い分けているのも印象的だ。

例えれば、ふだん方言で生活をしている人が、外部の人に対しては標準語で話すような。

彼らは独自の生活スタイルを持っているが、外部の人々(彼らはイングリッシュと呼んでいる)をまったく拒否しているわけではない。

自分たちの文化を守りつつ、イングリッシュの人たちと穏やかに共存することを望んでいる。

だから観光客らが、アーミッシュに対して見世物のようにカメラを向けても、抵抗しないし、地元の悪ガキから罵倒を浴びせられても、じっと耐えている。

刑事受容というか、あるがままに受け入れているという感じで、東洋思想にも通じる、ある意味大人な人たちなのだ。

さて、この映画の一番の見所は、アーミッシュの村人全員が参加する納屋作りのシーンだろう。

みんなで力を合わせ1日で大きな納屋を作り上げる様子は圧巻だし、最初、ジョン・ブックに対して距離を置いていた村人たちも、一緒に汗をかくことで少しずつ心を開いていく。

63そしてラスト、いつも嫁や孫に「イングリッシュには気をつけろ」と厳しくいさめていたレイチェルの義父の、最後の言葉に思わずほっこりとなった。

ああ、それにしてもアーミッシュの世界には憧れるなぁ。

怠け者で協調性のない私がなぜ、こんなに惹かれるのか分からないのだけれど。

そして、男はやっぱり、大工仕事が出来ないとね。

刑事ジョン・ブック 目撃者 [DVD]
刑事ジョン・ブック 目撃者 [DVD]
クチコミを見る

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Recent Comments
Recent TrackBacks
黒木メイサ!なんと全裸!ドラマジウでベッドシーンに挑戦!画像 (黒木メイサが裸!ドラマジウ警視庁特殊犯捜査係で!画像)
疾走する街
BALLAD 名もなき恋のうた 草なぎ剛・新垣結衣・全裸・動画・画像 (「BALLAD名もなき恋のうた」「アッパレ!戦国大合戦」)
疾走する街
あなたの自宅が陶芸教室になる! (初心者のための本格陶芸講座(DVD付))
画家たちの暗い青春
佐々木譲 「警官の血」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ〜ん!)
祝直木賞
西暦907年 - 唐が滅ぶ (ぱふぅ家のホームページ)
白紙にもどそう・・・
山本五十六 男の修行 (名言格言ことわざそして感動)
北の地でカニを食べたい
スヤスヤ午睡のラン、リーと私は急いでspa (マダム スンの台湾と日本の片隅で)
鳥獣たちの午睡
頑張ってはみたがぁ… (前向きに進みたい!!うつな自分)
うつぶせで寝る夢はどんな夢?
Profile
こぢろう
女、ダメ人間、ロード・オブ・ザ負け犬

趣味  活字読み、洋画、ロック、下手な手編みのセーターを無理やりプレゼントすること。
  • ライブドアブログ