ある活字中毒者の日記

       神は細部に宿る

イノセントマイケルマイケル・ジャクソンの映画『THIS IS IT』のDVD予約件数がすごい事になっているらしい。今月19日から再上映も始まるし、盛況なのは良いことなのだが、長年マイケルと確執があったソニーや、結果的に彼をハードワークに追い込んだAEGが、がっぽり儲けるというのが何だかなぁ。

まぁ業界のことは素人には分からないし、色々と大人の事情もあるんでしょうけど。

そんな私も汚れた大人のひとりだが、最近心が洗われるようなアルバムCDをゲットした。

それは、『JACKSONS LIVE』

意外だが、ジャクソン5、ジャクソンズの時代を含めて、マイケルの公式ライブアルバムCDは、この『JACKSONS LIVE』 だけなのだ。

ジャクソンズ名義とはいえ、もうこの時マイケルのソロアルバム『オフ・ザ・ウォール』が出ているので、アルバムの内容は、『オフ・ザ・ウォール』のヒット曲と、ジャクソン5及びジャクソンズ時代の名曲てんこ盛りという、ソウル好きR&B好きには堪らない内容だ。

廉価なため音質が心配だったが、これも全く大丈夫。
元々、作り込んでいないシンプルなライブ音源だし、何といっても20代前半のマイケルとお兄ちゃんたちの、屈託のない、若さあふれる張りの泣き虫マイケルある声、リズムに魅了される。

マイケルのMCや兄弟たちとの掛け合いも微笑ましく、観客たちの黄色い声援に、当時の人気のほどが伺える。

マイケルも、1人でライブを背負っている重圧がないせいか、とてものびのび、リラックスして聴いている方も楽しくなってくる。

こんな美味しいアルバムなのに、値段がなんと、663円なんですよ〜!

コストパフォーマンス高すぎ、デフレのせいか、ドル安のせいなのか!

たった663円でこんな幸せな気持ちになるなんて、そんな安っぽい私が好き。

そして聴いているうちに、中学校時代の、よく通った映画館、古くて、トイレが臭くて、モギリのおばさんが愛想悪くて、それでも胸をワクワクさせながら通っていたあの頃を思い出す(それにしても映画『ベン』はしょうもない作品だった。どういう経緯でマイケルはテーマソングを歌ったのか)。それと体育館の倉庫の匂い。鞄の皮の匂い・・・。

無題1今、やっと気がついた。マイケル・ジャクソンは、私にとって、初恋だったのだ。そしてその恋は、細々ながらも続いていた。

だが2001年以降、彼の新曲は出ず、音楽活動も聞かず、聞こえてくるのはゴシップか裁判ネタだけ。
容貌も変っていく彼に急速に心が離れて行った私は、6月25日の訃報にも泣くことはなかったが、胸がざらざらするような虚しさを感じたものだ。

そして今、苦難の道を歩みながらも音楽を決して忘れなかったマイケルをしのび、これからも彼の音楽を愛していきたいと思う。

Live
Live
クチコミを見る

ベンのテーマ
ベンのテーマ
クチコミを見る

 

 

 

 

 

 

 

結局、先月まともに読んだ本は、一冊だけだった、反省反省。

吉村昭著『アメリカ彦蔵』。

読み終わった後、何とも言えない哀しみ、孤独感がつのった。

1837年、播磨の国に生まれた彦太郎(のちの彦蔵)は、13歳の時、漂流民としてアメリカに渡り、学問を身につけ、3人のアメリカ大統領と謁見し(そのうち1人はリンカーン)日本人として初めてアメリカ市民権を得る。

流暢な英語で日本、アメリカの橋渡しに重要な役割を果たし、また日本で初めて新聞を発行している。

そんな経済的にも社会的にも恵まれた人生を送りながらも、彼には常に孤独感が付きまとっていた。

元々彦蔵は身内の縁が薄く、幼くして実父を、13歳で母を亡くしている。

初めて水夫として乗り込んだ船が難破し、アメリカ船に助けられるが、当時日本は鎖国政策をとっており、日本の入港はままならず、そのままアメリカのサンフランシスコに渡る。

多くの親切なアメリカ人によって彼は恵まれた生活と高い学問を身につけるが、やはり日本への郷愁は止みがたい。

日本が開国した時を機会に彼は帰国を決心するのだが、彦蔵がすでにキリスト教の洗礼を受けていたのがネックになった。当時の日本はキリスト教はまだ禁制で、無事入国するには、帰化したアメリカ人としての方が万事うまくいくのだ。

9年ぶりに帰化アメリカ人として日本に戻った彼は横浜で通訳として働くが、当時は維新前で攘夷の風が吹きまくっていた。多くの外国人やその通訳が、攘夷の武士から命を狙われている。

身の危険を感じた彦蔵は、一旦アメリカに戻るが、そこも今は南北戦争のさ中で人々の心はささくれ立ち、産業も落ち込んでおり仕事もない。

自分の知っている親切で暖かいアメリカはそこにはない。

失望した彼は再び日本行の船に乗る。どこに行っても自分の居場所はないのだ。

故郷の村に戻っても、そこは自分の夢見た故郷ではなかった。みすぼらしい村で、貧しい人々はぼろをまとい、彦蔵を好奇の目で見ている。アメリカで超一流の生活も垣間見ている彼には耐えられない。

思うに、彦蔵は高いコミュニケーション能力を持っていたのだろう。だからアメリカでも日本でも多くの有力者の援助や協力を得、日米の橋渡しをし、幕末期に大きな功績を残した。

だが、彼の孤独感、自分が根なし草のような寂しさは終生いだいていたのではないか。

彦蔵は61歳の時、胸痛に襲われそのまま還らぬ人となる。

晩年、彼は洋服を排し、着物を着て正座をして過ごし、毎日習字に励んでいたという。

アメリカ彦蔵 (新潮文庫)
アメリカ彦蔵 (新潮文庫)
クチコミを見る

 

 

 

 

11月27日(金)、映画『THIS IS IT』は終わった。

最終日のレイトに行ったら、いつもより大きいハコなのに客で満席。
そしてエンドロールになっても誰も席を立たず、終わった途端、一斉の拍手。
映画館で拍手なんて、大人になって初めての体験だし、第一シャイで無愛想な地元市民の気質を考えると、これは驚きだ。

まったくこの一カ月、マイケルのおかげで幸せな日々だった。

映画を観る以外にも、昔の彼の曲を聴き直して新たな発見をしたり、ダンスパフォーマンスの動画を観て、その完成度の高さに驚いたり。

デンジャラスマイケルが一番苦しかっただろう時期、まったく気にも留めていなかった薄情な私にさえ、死後、こんな素敵なプレゼントをくれるなんて。

少女趣味の感想と笑われてもいい、マイケルは天使だ。

そしてこの天使は、カッコイイ、美しいだけではない、隙のある、等身大の姿も見せてくれる。

まずダンサーのオーデションのシーンでのマイケル、老眼鏡(!)してる、まぁ50歳だからねぇ。

ヒストリーツァーそして『BEAT IT』、マイケルが対立して喧嘩している不良グループを仲裁するシーンで、ダンサーたちが喧嘩に夢中になってマイケルを忘れたため中に入れず、途方にくれている姿とか、『ブラック&ホワイト』で間奏に黒人のラッパーが出てきた時、最後一緒にポーズを取るつもりがワンテンポずれてしまったとか、他にも足が滑りそうになるのもあったし・・・・(ていうか、あら探しかよ)

だが、そのすべてが今は愛おしい。

天国のマイケルは、『THIS IS IT』が世界で愛されていることについて、喜んでいるだろうか、それとも完璧主義の彼の事、『こんなゆるい姿を世界中のお客さんに見せるなんて―。本当は、もっと上手なのに―。』と、あのか細い声で遠慮がちに抗議しているだろうか。

バッドツァー

 

 

 

 

 

 

 

 

バッドツァー11月もあと一週間ほど。

今月はやりたいこと盛りだくさんのはずだった。
読みたい本もたくさんあったし、デッサンの勉強に精を出し、小旅行にも行こうと思っていた。

なのに・・・・映画『THIS IS IT』を見た途端、全てが吹っ飛んでしまったのだ・・・。

消えかけていたマイケル・ジャクソンへの残り火が再び燃え盛り、自分でも収拾がつかないほどだ。

彼の音楽がこんなに好きだったのに、なぜ私は応援をし続けなかったのだろうか。

ファンの方のHPやブログを読むと、彼が世間の誹謗中傷のさ中にあっても、変わらぬサポートを続けていた人が多いのに・・・。

思うに真のマイケルのファンは、知性的な人が多いようだ(私は似非ファンだが)。

ビリー・ジーン裁判、児童虐待疑惑、肌の色など様々なゴシップに対し、決して感情的にならず、しっかりとした証拠を集め、理性的な筆致で持論を述べているあたり、ただただ頭が下がる。

さて今更マイケルの楽曲をヘビーローテーションで聴きこみ、様々なダンスパフォーマンスを観て思うのは、良い時代になったなぁということだ。

私がマイケルに夢中になり初めの頃は、インターネットはおろかビデオの普及にもまだ遠い時代だった。
だからレコード(その後CD登場)かダビングしたカセットテープを聴くかしかない。それかディスコに行くか(!)。

マイケルのダンスは凄い!と噂で聞いても、それが見られるのは、TVの深夜の音楽番組でたまに映像が流れた時くらいだ。

スムクリ今はネットで簡単に彼の超絶ダンスパフォーマンスを堪能することが出来るのだから、色々弊害はあっても、幸せな時代だと思う。

さてマイケルは、モンスター的ヒット『スリラー』など素晴らしいアルバムをたくさん残しているが、私が一番思い入れが深いのは、やはり『オフ・ザ・ウォール』だ。

1979年マイケルが21歳になる年に作られたソロアルバムだが、その完成度の高さには驚かされる。
当時はディスコサウンドと呼ばれ、平成の若者には“昭和歌謡”と同じくらい死語かもしれないが、疾走感、リズム感(グル―ヴ感ていうんですかぁ)そして美しいメロディ、
今聴いても新鮮だ。

現在のように作り込んでいない分シンプルで、それゆえにクォリティーの高さが際立つ。

ポール・マッカートニーやスピーディー・ワンダーも楽曲を提供しており、ラリー・カールトン、ルイス・ジョンソンなどそうそうたるメンバーをバックに、マイケルのベルベットボイスが美しく花開く。

ソウル、R&B、ポップス、そしてバラード、どれもが珠玉の名作だ。

ふと、もしマイケルがずっとこの路線だったら・・・と、考える事がある。
実際の彼は『スリラー』以降、どんどん進化していって、その急激なハイパー化に付いて行けなかったのも、私が彼の音楽と疎遠になった原因の一つかもしれない。

さてアルバム『オフ・ザ・ウォール』のジャケットには、まだ幼さの残るマイケルが黒いタキシードを着て笑っている。
憧れのクインシー・ジョーンズをプロデューサーに迎え、人から歌わされるのではなく、自分の意志で初めて作ったソロアルバムだ。

これからの長い人生、未来への夢と希望にあふれた21歳の若者の笑顔がそこにある。

オフ・ザ・ウォール(紙ジャケット仕様)
オフ・ザ・ウォール(紙ジャケット仕様)
クチコミを見る


 

 

 

 

 

美しさ無限大マイケル・ジャクソンの映画『THIS IS IT』も、鑑賞4回目となると、現金なもので物足りなさを感じるようになった。

それはそうだろう、これはあくまでライブのリハーサル映像を編集したものなのだから。ボルト選手の練習風景よりも、実際の100メートル決勝を見たいのと同じだ。

でもそれが叶わぬ夢であれば、せめて輝いている彼の姿をこの目に焼き付けたい。

さて、私は今までマイケルに対して生身の男の色気というか、エロティックさを感じたことがなかった。
股間鷲づかみパフォーマンスにしても、いやらしさを微塵も感じさせないのは、彼の人徳かそれとも、あまりにハイパー化されたキャラのせいか。

華のある男だがこの『THIS IS IT』のマイケルは違う。なぜか“男”を感じるのだ。
それは特に女性と絡むシーンで顕著だ。

たとえば『The way you make me feel』という曲の中で、マイケルは通りすがりの美女にからむパフォーマンスをするのだが、その時の彼が妙にエロチックで、ちょい悪オヤジ全開といった風情なのだ。
女性ダンサーの太ももにさわったり後ろからそっと抱きしめる仕草も生々しく、当たり前だが、ああマイケルも熟年男なんだよな・・・・としみじみ感じ、なぜか嬉しかった。

それと前回も書いた『キャント・ストップ・ラヴィング・ユー』のシーン。
マイケルは女性ボーカリストに熱心に指導するあまり、抱きしめたり胸に触りそうになって、思わず見てる方はひやひやした。

彼の愛情の表れなのだが、逆にその愛情過多が、あらぬ噂や誤解を招いたのかなと思うとなんとも切ない。

全体的に、マイケルは男性への指導は淡白だが、女性に対してはとても極め細やかに対応しているようだが、やはり熟年男だから?

今までのハイパー化した中性的なマイケルも好きだけど、熟年エロオヤジ路線のマイケルも見たかったなぁ・・・・。

リーダーは僕さ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

佐々木譲著『笑う警官』が映画化された。
原作は面白かったし、主演の大森南朋クンは大好きな俳優なのだが、監督が“角川春樹”ということで、今回は見送ることにした。
監督は他にもいるだろうに、よりによって何故ハルキなんだー。

喝采は永遠に・・・そんな訳で、『THIS IS IT』に再び、せっせと足を運ぶ。

今回は、大人としてのマイケル、50歳、働き盛りの男の仕事ぶりを見つめてみた。

さて、マイケルというと、「ネバーランド」などで分かるように、大人に成り切れない、子供の心を持ち続けた男、というイメージがある。

ある女性のインタビューでも『マイケルは子供時代は誰よりも大人で、大人になると、子供に戻りたがっていた』というのがあって、思わず「なるほど」と感心したが、こと仕事に限っては、さすがと思わせる働きぶりで、職歴40年以上のキャリアは伊達じゃない。

マイケルはこの『THIS IS IT』の中では、歌もダンスも軽く流していカーテンコールは鳴りやまずる。
リハーサルというのもあるのだが、彼には自分のパフォーマンスの他に、バックダンサーやコーラス、ミュージシャン、スタッフへの指示や指導、音や舞台のチェックなど重要な仕事も負っているからだ。

彼の指導ぶりは、変な言い方だが、三味線の師匠が口三味線で、弟子に伝えているようだ(と言っても三味線習ったことないが)。

元々口下手で右脳人間と思われるマイケルは、理路整然と部下を説得させるのは苦手なようだが、身振り手振り体を使い、辛抱強く、「分からせる」のではなく「感じてもらおう」と努力している。

例えば「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー』という曲のリハーサル中、デュエットの女性ボーカルに元気がなく、声に張りが感じられない。

マイケルは、すかさず彼女を呼び寄せ、彼女を見つめ表情豊かに、時にジェスチャーもまじえ、歌い上げる。

ハートを狙い撃ちすると固かった彼女の表情に笑顔があふれ、彼に合せるように、美しいハーモニーを奏でるのだ。

曲が終わった後、マイケルの『今、のどのウォーミングアップ中だから、本気で歌いたくなかったのに―。」という愚痴とも照れ隠しともとれるぼやきに、舞台監督がすかさず『ノリノリで歌ってたくせに―。」と返すあたり、ああ良い空気だなと思った。

そして「ビリー・ジーン」のリハーサルのシーン。
マイケルがダンスを軽く流していると、舞台下で見ていたバックダンサーたちが、何とブーイングをしてるのだ
「流さないでマジでやってよー。」みたいな。

やがてマイケルがノリノリで腰を振りだすと、バックダンサーたち大はしゃぎでやんやの大喝采。

この上司と部下の関係、いいな。

管理職としてのマイケルは、ちょっと口下手だけど、部下思いで、誠実な、可愛いオジサンでした。

ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]
ライヴ・イン・ブカレスト [DVD]
クチコミを見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイケルへの贖罪のため、『THIS IS IT』を出来うる限り見続けようと決心したにもかかわらず、まだ2回しか映画館に足を運んでいない。
しかも、どちらも1000円の割引デー、ああなんてセコイんだ。

もう君はいないけどでも優しいマイケルだから、きっと笑って赦してくれるだろう。

2回目はさすがに、初回の時のような号泣はないだろうと思っていたのに、冒頭の涙目のバックダンサーたちのインタビューに、再び涙腺崩壊。だめだこりゃ。

今回は特に、マイケルの優しさに思いを寄せる。

まず懐かしきジャクソン5の頃の楽曲をやっている時、イヤモニターをおもろに外し、「イヤモニだと聞き取りづらい」「慣れようとしてるけど、耳にこぶしを突っ込まれているようだ」「自分の耳で聞くように育てられたから」と、スタッフに訴える。
でも彼はこうも言う。「怒ってるんじゃないよ、“愛”なんだ」

僕がそばにいるからギターソロの場面で、若い女性ギタリストに、「君の見せ場だ」「一番高い音を」と叱咤激励し、「僕がついてるから」とささやく。

ああ、こんな可愛いそして優しい50男が世界中のどこにいるだろうか。

誰よりも地球環境を心配し、4年で環境破壊を止めるとか言ってたマイケル、地球より前に自分の体の心配しろよ!

そして、あらためてマイケルのダンス。
筋肉隆々の若いバックダンサーと比べても引けを取らない。
つか、明らかに次元が違う。

動きに無駄がなく、ステージを横切るだけでも絵になる。
こういうのを日本では“粋”というが、アメリカではどうだろう。

ああ夢半ばで、無念の死を迎えたマイケル。

この映画で、少しでも彼の名誉が回復しますように。

未知の領域に連れて行こう

 

 

 

 

 

 

 

 

マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)
マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)

 

↑このページのトップヘ