以前この日記で書いた水中カメラマン中村征夫さんは、奥尻島で津波に遭遇したことがある。「早く高台に逃げて、靴などいいから!」との宿のおかみさんの一声で、あやうく九死に一生を得たという。  
 
人間の日々のいとなみなど、大自然の前では儚いものだ。このたびの未曾有の大地震と津波。被災された邦人の中には、コツコツとお金を貯め、上司に頭を下げて有給休暇をもらい、やっと憧れの地に来た人もいるかもしれない。そんないじましい人間の思いなどおかまいなく、大自然は突然猛威をふるう。
 
知人で、アジア旅行が大好きな人がいた。50歳くらいの女性なのだが、旅はアジアに限ると言う。
「アメリカやヨーロッパなど行く気がしないわ」
「特にマレーシアはどこに行っても食べ物がおいしいの」         
そして彼女は、まとまった休みを取ると、せっせとインドネシアやマレーシア、タイ、ミャンマーなどを旅して周った。SARSが猛威をふるっていた時も確かアジアのどこかへ出かけていた。今、彼女とは音信不通となったが、どこぞの地をほっつき歩いているのだろうか。もしや被災してはいないだろうか。
 
私の周りには彼女のようなアジア旅行好きの人が多い。私はひそかに「中年深夜特急」と呼んでいるのだが、とにかく彼女たちは、たくましい。『自分探しの旅』なんて甘ったれた言葉から、もっともかけ離れた人たちだ。
ブランドや、風光明媚な観光地、高級リゾートホテルなんていっさい興味がない。ラブアフェアなんて噴飯ものだ。そしてやたらよく食う。ごちゃごちゃした市場が好き。言葉も分らないのにすぐ地元の人と仲良くなる。そして絶対お土産を買ってこない。
 
このたび被災に遭われた人たちは殆どが地元の方だろうが、海外からの旅行者も多い。普通の観光客、サーファー、スキューバダイバー、そして普通の深夜特急組、そしてわれらが中年深夜特急組もいるかもしれない。
 
どんな人にも自然災害はやってくる、個々の都合などおかまいなしに。それでも人間は、日々のいとなみを止めることはしないのだ
 
 

深夜特急〈2〉マレー半島・シンガポール