今日偶然テレビで、紀宮の婚約記者会見を見た。
 
こわかった。
 
あれが本物のアルカイックスマイルなのか。
 
口角だけを上に上げた独特の表情。その笑顔には「私のそばに近づかないで」オーラがある。普通の人はその笑顔を見ただけでもう何も言えない。
美智子皇后でさえあのような完璧な表情は出来ない。民間出身の皇后には、まだ人間らしい隙がある。
 
生まれた時から皇室の一員として育ち、兄宮たちのように海外へ留学する機会もなく、外国のプリンセスのようなスキャンダルもなく、ただただ素直に生真面目に皇室としての役割をこなしていた紀宮。
 
でも分っていたはずだ。女子の皇位継承を認めていない日本にとって、ある年齢を過ぎた内親王は、"無用"以外の何者でもないという事を。
 
紀子様ブーム、そして雅子さんフィーバーの時、紀宮はどんな気持ちでそれらを見つめていたのだろうか。自分の出来ることと言えば、あのスマイルで自分の周囲にバリアをひき、自分への嘲笑、悪意から身を守るしかなかった。そしてそのすべを知らない雅子妃は病気になった。
 
だが婚約した今、もうあのオーラは必要ない。確かにやめた途端、自分に対する中傷や悪意が色々飛び込んでくるだろう。とても辛いかもしれない。しかしアルカイックスマイルをしている限り、人と本当に理解し合え得ることなど出来ないと思う。
 
来年の夏民間のホテルで、泣き笑いの表情で結婚式を挙げるサーヤを見たいものだ。