飾り山笠 今、「ブックトーク」なるものを作成している。
これは主に児童・生徒を対象に、あるテーマに関する分野の異なる数冊の本を選び、その一部を読み聞かせしたり、ストーリーを話したり、エピソードを披露するなど関連づけて紹介し、その本を読みたいという気持ちにさせる、まぁ「読書の動機づけ」として効果あるツールである。

図書館の専門職員や、学校の先生、またボランティアの方など、多くの方がブックトークを作り、子供たちに紹介しているらしい。

とても楽しい作業なので、私自身はなんの不満もなく嬉々として作成してはいるが、こんな風に至れり尽くせりの読書案内をするのが、果たして子供にとって本当に良い事なのか、若干疑問なのも確かだ。

年寄りの繰言とは思うが、私が小さい頃、児童用の本など親から買ってもらった記憶がない。それどころか「本を読みすぎると目が悪くなるから読むな」とまで言われていた。

あれは確か小学校の2年生の頃だったか近所に、子供はアンポンタンだが、母親が教育熱心で児童童話大全集などが、ぎっしり揃っている家があった。

私はある時からその家に毎日通って、児童本を一冊ずつ借りるようになった。きっかけは全く覚えていない。当時、引っ込み思案で人見知りの激しかった私がなぜ、まるで年期の入った主婦のような図々しい行動に走ったのか今も不思議だ。

教育熱心なその母親は、最初のうちは気持ち良く本を貸してくれた。家に飾っているだけで、全く読んだ気配のないそれらの本はとてもきれいで、ページをめくるたびにふわっと広がる印刷のにおいが鼻をくすぐったものだ。

しかし、日が経つにつれ、その母親の態度はだんだん冷淡になっていく。そして或る日、いつものように「ほんをかりにきました〜」と玄関に立っている私に「もうだめですよ!」と一言。我慢も限界だったのだろう。

そんなわけで、子供の頃の読書を思い出すと、ほろ苦さがつきまとう。

 

さて、美智子皇后の書かれた「子供時代の読書の思い出」。これは何度読んでも素晴らしい。疎開先で、お父様が持ってくる本を心待ちにしている少女の瑞々しい感性が心を打つ。

本の神様は、自ら求めた人だけにしか降りてこない、と私は今でも信じている・・・・・。

 

橋をかける―子供時代の読書の思い出