床の間このたび、二度にわたり、門司にある出光美術館に出かけ、名品展,兇砲董⊇餡茲箙芸品に触れる機会を得た。

まるで港湾の倉庫のような、ざっけない外観の美術館なのだが、そこに収められているコレクションの秀逸な事。無骨な古新聞にくるまれた土産物を開けたら、見事な古伊万里の茶碗だったような風情である。

名品展気任蓮△なじみ風神雷神や源平合戦など親しみやすい作品が並べられ、どのお客さんも、まことに楽しそうな表情で作品に見入っていたのが印象的だった。

今日見た名品展兇蓮書画を中心に重厚なものが多く、胸が一杯になりつつ作品に夢中になり、ふと気がつくと涙があふれてきた。

書画骨董には全く不案内な私だが、不思議と見ているだけで、その時代を必死に生きていた先達たちの息吹が感じられるのだ。鎌倉、桃山、江戸そして幕末と・・・。

名品を残した多くの人たち、なかんずく宮本武蔵や松尾芭蕉などの偉人たちが、単なる歴史上の人物なのではなく、自分と同じDNAを持った日本人なのだと実感でき、ありがたかった。

名品展