『クラッシュ』という映画を観た。アメリカのロサンゼルスクラッシュに暮らす人々が繰り広げる、ほぼ1日のドラマである。そして物語はお互いが有機的に絡み合い、ほろ苦いラストへと収斂される。

そしてこの群像劇の中心は「差別」だ。

冒頭のシーン、追突した車から出てきた人が相手の車に向って「こいつはメキシコ人だから〜」と怒鳴っているのを見、ちょっとうなってしまった。映画だから話半分としても、日本で、あからさまに他の人種をののしる人がどれほどいるだろうか。少なくとも私はそんな経験はないし、たぶん死ぬまでないと思われる。

自己主張の強いアメリカにおける「差別感」は、日本のそれとはかなり異質のようだ。心して見なければ。

さて、誤解を恐れずに言えば、「差別」は、悪ではないと思う。異質なものに対して警戒するのはごく自然な人のいとなみだ。まったくボーダレスになったら、家の中にどんどん雨水が入り込んだくるわ、自分のものはわけわからなくなるわ、大変である。

もちろん「差別」でも、なんとなくあんな人たち嫌い〜、と言うような情緒的で、皮膚感覚的なものは、理性で駆逐しなければならないが。

厳重なドアであろうと、壊れた垣根であろうと、境界は必要である。

ただ、この物語は、「差別」と「銃」が結びついており、それが大きな悲劇を生んでいる。

「銃」がなくなったとき、きっとアメリカの街のあちこちで、天使の羽根が空を舞うことだろう(詳しくは映画を見てね)