014数年前から貧血気味で健康診断のたびに治療するよう言われていたのをしばらく放置していたが、ここ最近めまいや立ちくらみがひどく、さすがにこれはヤバイと思い、病院で検査を受けた。

結果、血液成分の数値が以上に低い。医者から、よく普通に生活できますねぇと感心されたが、比重の軽い血に体が慣れているせいで本人はあまり感じないのだ。

今造血剤を服用しているが、普段、薬を飲まない生活をしているせいか、錠剤を飲んで一時間もすると冷たい手足が温かくなって頬も赤みがさし、血のめぐりが良くなったような気がする。単純な体だ。

以前、ある人から、こぢろうさん色が白いねと誉められた事があるが、そのあと、後ろの景色が透けるような白さだねと追加で言われ、じゃあ私はだんだん透明になって消えて行くのかよと・・・。

元々自分は存在感のない人間だ。グループで旅行に行ってもなぜか私だけ写真に全然写ってなかったり、目の前にいるのに「こぢろうさん、どこいるの〜」と捜されたり。また私が前に立つと自動ドアが開かないということもしょっちゅうだ。

身長体重ともに日本女性の平均値なのに、なぜか自動ドアが微動だにせず、急いでいる時など焦りまくる。以前TV番組「探偵ナイトスクープ」でも自動ドアが開かない人が出ていたが、そういう体質(?)の人って、一定数いるのだろう。

自分としてはあまり目立つ事は苦手なので今のままで問題はないのだが、このまま透明人間になっていくのも何だか寂しい。

とりあえずは真面目に造血剤を飲んで、消滅する時期を延ばすことにしよう。


←特に意味なし