音楽好きのくせに「ジョニー・キャッシュ」なる伝説のアーティストの存在をまったく知らなかった。

映画、『ウォーク・ザ・ライン/君に続く道』を観るにあたって、実在の主人公、「ジョニー・キャッシュ」をネットで色々調べて、たまげた。

渋い、渋すぎるぜ、ジョニー・・。とくに「Hurt」というビデオに感動した。亡くなる前の年に撮られたらしいが、こんな偉大なアーティストを知らずしてえらそうに音楽を語っていた自分が恥ずかしい・・・・。

さて、ロック歌手が,苦節ウン年で有名になった途端、糟糠の妻を捨て、若い娘や女優とくっつくのはよくある話だが、あまり気持ちの良いものではない。

もちろん妻側に問題がある場合もある。ダンナが努力し成長しているのに、妻の方がいつまでも昔にこだわり自分も成長しようとする気がない時。また逆に、ダンナが有名になるにつれて、まるで自分も偉くなったと勘違いして傲慢になった時など。

そして、ジョニー・キャッシュも、ご他聞にもれず下積み時代を支えてくれた妻と別れ、ジューン・カーターという歌手と再婚した。だが、そこにたどり着くまでには、長い長い道のりがあったのだ。

映画は、伝説の歌手という割の合わない役どころを、ホアキン・フェニックスがよく体当たりで頑張っていたと思う。そしてリーズ・ウイザースプーンのまあキュートな事。

早速ジョニーの音楽、聴いてみよう。