九州国立博物館のそばには、あのとびうめ太宰府天満宮がある

平日にも関わらず、多くの参拝客で賑わっていた。

散策していて気づいたのだが、今回は、やたら外国語が飛び交っている。
特に、中国人と韓国人の社員旅行と思しきグループが目立つ。

まぁ高速船「ビートル」に乗れば、釜山〜福岡を3時間で行けるのだから、中韓の裕福層には、絶好の観光エリアだろう。

菅原道真公は、遣唐使の廃止を進言したことで有名だが、そんなことを知ってか知らずか、中国人のグループが老若男女、境内の前で楽しそうに記念撮影をしていた。

もちろん道真公は、当代一の中国通でもあった訳で、その十数年後に唐は滅びるのである。

さて、藤原時平らの陰謀により、道真公は901年の1月25日、大宰府に左遷される。

「こちふかば にほいおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」

当時は旧暦なので、この歌を詠んだ季節は、今の2月の終わりか3月の初めくらい。梅の見ごろの時期だったと思われる。

そして2年後の死。

今天上では、道真公と藤原時平が仲良く、酒を酌み交わしているかもしれない。

みっちゃん『あの時はひでぇことをしやがった』

ときちゃん『面目ねえ。今でもすまねぇと思っているよ』

みっちゃん『でも貴様のお陰で、あれから千百年たった今も、学問の神様として崇めたてられているんだ。気にすんなって』

ときちゃん『笑・・・』

菅原道真公に怨念は似合わない。

やがて飛梅もほころぶだろう。飛梅