先日アイルランド関係の映画のDVDを2本観た。

『ギャング・オブ・ニューヨーク』と『麦の穂をゆらす風』だ。

『ギャング・オブ・ニューヨーク』は、大英帝国の圧制に加え、ジャガイモ飢饉から逃れるため多くのアイルランド移民がやってきた、19世紀中頃のニューヨークの物語である。

やがて、彼らの子孫からは、ハンサムな大統領も生まれるが、9・11テロで、多くのアイルランド系の消防士が犠牲になった。

さて『麦の穂をゆらす風』は、20世紀初め、第一次世界大戦が終った頃の物語だ。

英国の締め付けや飢饉にも負けずに生きのびてきた、アイルランド人の暮しは貧しい。
ボロボロの家、粗末な身なり、食べ物はお粥のようなものをすすっている。
英国軍の厳しい取締りで、集会や言論の自由も認められていない。あるのは美しい緑の大地だけ。

だがアイリッシュは逞しい。彼らは密かに義勇団を作り、あくまで抵抗を続けているのだ。

しかし英国は、もっとしたたかだ。

第一次世界大戦に疲れきった英国は、アイルランドと休戦条約を結ぶ。

しかしその内容は、アイルランドは名目上英国に従属し、英国王に忠誠を誓わなければならないという。そして北アイルランドは英国に帰属される。

この条約の受け入れをめぐって、アイルランドは分裂する。
戦争を早く終らせたい人と、あくまで100パーセントの自由を勝ち取りたい人と。

このあたりの様子は、『マイケル・コリンズ』という映画でも描かれていたが、さすが7つの海を支配した英国。

敵を分裂させてお互い戦わせるつもりだったのだろう。

『麦の穂をゆらす風』のアイルランド同胞は、この企みに翻弄され、やがて兄弟や友人同士が殺しあうことになるのだ。

歴史に翻弄されながらも強く生きていくアイリッシュ魂に感動すると共に、やはり英国は手強いな。