早いもので、本日(8月24日)で北京オリンピックは閉会式を迎える。

8月8日以来、すっかりオリンピック漬けだった日々は終わるのだ。ああこの喪失感を何で埋め合わせればよいのだろう。

数々の感動シーンがあった。

ソフトボール選手らのキラキラした瞳も印象深いが、私がもっとも心に残ったのは、11日に行なわれたバドミントン女子ダブルス、末綱聡子・前田美順が、世界ランキング一位の中国ペアと闘った準々決勝だ。

末綱・前田ペア実は私は末綱・前田ペアの名前を知らなかったし、観たのもリアルタイムではなく録画だった。

外出から帰ってきてテレビを付けたら、たまたま試合が始ったばかりで、何となく見ていたのだ。

最初は日本人ペアは動きが硬く、中国ペアとの格差は歴然だった。

ミスも多く、簡単に第一セットを取られてしまい、「ああ日本、ストレート負けかなぁ」と思っていたのだが、2セット目から俄然面白くなった。

スマッシュが決まるたび末綱・前田の表情が少しずつ明るく、そして動きも生き生きしてきた。

クールで、勝っても負けてもあまり表情を変えない中国ペアに対し、失敗すれば天を仰いで悔しがり、勝てば笑顔で抱き合う日本の2人。

勝利の女神は、天真爛漫な女たちに味方し始めたようだ。

そして接戦の末、第二セットは日本がゲット。

こうなるともう勢いは止まらない。

見違えるような動き、スマッシュの正確さ、自信にあふれた表情。

第一セットの時と全然違う。

短時間でこんなに人は変わっていくものだろうか。

結束元々の実力に加え、自信、試合のリズム、運、すべてが彼女らに味方し日本ペアは、第三セットも取り、中国に勝利した。

そして13日、準決勝を迎える。相手は韓国。

第一セットは韓国に取られたが試合内容は悪くなかった。とくに後半のラリーの応酬は圧巻だったが、その後がいけない。

韓国の選手が、日本が有利になりそうになると、やたらクレームをつけだしたのだ。

そのたびに、何度も何度も試合は中断する。間延びした時間。

バドミントンはラリーポイント制で2セット先取したら良い、スピーディーな競技だ。

先行逃げ切りと言うか、先に調子の波に乗った方が絶対有利だ。

たぶん韓国は、末綱・前田を研究し、彼女らを調子に乗らせたら負けだと考え、日本が波に乗り始める前に、執拗にクレームで時間稼ぎをしたのではないだろうか。

韓国選手が抗議している間、純朴な九州出身の二人は何のすべもなく立ちすくんでいる。

「ああ、まずいな、これじゃリズムに乗れない」

案の定、この試合、前回のような調子の波に乗れず、凡ミスもふえ、結局ストレート負けを喫した。

その後、末綱・前田ペアは三位決定戦でも敗れ、日本人初のメダルの夢は消えたのだ。

それにしてもあの韓国選手。執拗なクレームの時、何度か審判の体にタッチしていたが、あれサッカーならイエローカード、悪ければレッドカードだろう。

また、たびたびの時間中断に対し、何も言わない日本コーチ陣もなんだかなぁと思った。

とにかく理不尽な一戦であった。

まあ理不尽も不運もすべて併せ持つのがオリンピックなのだろう。

そしてオリンピックがなければ私は末綱・前田ペアとめぐり合うことはなかったわけで。

やがて時間がたてば、北京オリンピックの記憶も少しずつ薄れていくと思うが、8月の暑い日、2人の日本人選手が見せてくれた、ひたむきで濃密なひと時は、いつまでも私の心に残るだろう。

歓喜