ジョン・ウー監督の映画、『レッドクリフPart1』を観てきた。

実はこの作品に対して、あまり期待していなかったのだ。

胡軍まず、今回はPart1であり、肝心の「赤壁の戦い」は次回だということ。

まぁ知ってるだけ良かった。
そういえば昔「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の続編を観にいった時、第3作があるとは知らず、ラストの、「To be concluded〜
に目がテンになった思い出があるなぁ・・・。

また呉軍の司令官、周瑜役のトニー・レオン、劉備玄徳の軍師、諸葛亮役の金城武らの声が吹き替えなのも気になった。

ネイティブの中国普通語(北京語)じゃない俳優(トニーは広東語、金城君は台湾語?日本語?)は吹き替えが中国では常識だが、やはり2人の声は好きだし、聞きたかった。
トニー、『「ラスト、コーション』」では普通語でしゃべっていたが、『レッドクリフ』においては、台詞を訓練する余裕がなかったんだろうな。

そしてその周瑜と諸葛亮が、この作品においては仲がよく、固い友情を結んでいるというのも違和感があった。

吉川英治版「三国志」において周瑜は、諸葛亮の才能を恐れ嫉妬し将来我が国の脅威になるのではと、何度も殺害を試みるが失敗し、最後は『ああ無念、天すでに、この周瑜を地上に生ませ給いながら、何故また、孔明を地に生じ給えるや!」と嘆きつつ36歳の若さで悶絶死してしまうのだから。

そんなわけで、今回はあまり考えずに、娯楽大作として気軽に楽しもうと思っていたのだが・・・・。

それが実は、大変面白かったんですよね!もう堪能しました。

古い言い方だが、血沸き肉踊る大活劇っていうんですかぁ〜。

さすが男が惚れる男のアクション映画を作らせたらナンバーワンのジョン・ウー監督。

超雲まず、劉備玄徳の赤子をひしと抱きしめ、おびただしい曹操軍をなぎ倒しながら劉備の元へ向かう趙雲の勇姿で、もうつかみはOK!

この趙雲役の胡軍(フー・ジュン)の何とカッコいいこと。
以前から好きな俳優だったが、こんな「漢」の似合う男だったとは。

この趙雲の活躍だけでも、十分観る価値があり。

蛇足だが、漢たちに助けられた劉備の赤子が、長じては愚鈍な男に育ち、やがて、父が苦労して築きあげた蜀の国を滅ぼしてしまうのだから諸行無常だ・・・・・。

またストーリーやアクションが、緩急取り混ぜてテンポ良く進むため、吹き替えの件もあまり気にならない。岩代太郎の音楽も心地よい。

八掛の陣など、小説では分からなかったものも見られて良かった。

そして、張震(チャン・チェン)演じる呉の君主孫権、これがまた良い味出していた。

孫権と諸葛亮名将だった父や長兄が次々に早死にし、わずか19歳で君主となったが、まだ自分に自信がなく、当然重臣たちからも舐められている。

そこへ破竹の勢いで北の曹操軍が80万の兵を連れてやってくる。

降伏か開戦か。
我が身大事の老重臣たちは、しきりに降伏をすすめている。

そこへ諸葛亮より劉備軍と同盟を組まないかとの打診。
だが2軍を足しても兵は5万。

民を背負っている君主の苦悩は深い。
そう思うと、ナンバー2の周瑜
や軍師の諸葛亮など気楽な身分に思えてくる。

孫権さまこの苦しみつつ決断をする孫権の姿が秀逸で、また絵的にも美しくセクシーだ。

そして最後の方、周瑜と諸葛亮は会話の中で、将来、敵と味方に分かれるであろうことをほのめかして終わる。

そう、今日の友は明日の敵。

歴史大作の良いところは、登場人物それぞれの人生を俯瞰して見ることが出来る事だ。

今は蜜月でも、その後過酷な運命が待っていることが分かっているだけに、この瞬間の彼らが本当にいとおしい。

この『レッドクリフPart1』、多少突っ込みどころはあるけれど(周瑜と嫁さんのラブシーン、必要ないのでは、それとも箸休め?)大満足した。

ああ早くPart2が観たい。

レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック
レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック