伊坂幸太郎氏のデビュー作『オーデュボンの祈り』を読む。

仙台に住んでいる主人公の男は、コンビニ強盗に失敗し警察に追われ、気がつくと見知らぬ島にいた。
そこは江戸末期より外界から遮断されている島で、不思議な人々が住んでいる。

会話ができ未来が分かるカカシ、嘘しか言わない画家、殺人を許可されている男、太り過ぎて動けなくなり、市場で寝起きしているウサギという名の女性などなど。

そして、ある日、カカシが殺された。未来が分かるカカシは自分の死をなぜ阻止できなかったのか・・・・・?

『不思議の国のアリス』的世界が展開される中、「僕」という一人称の科白、寓話的でシュールな世界、不思議な浮遊感・・・。

これって、村上春樹の世界に似てる・・・・。

とは言っても、村上作品を多く読んでいる訳ではないので、確かな事は言えないが、漂う空気感は同じだ。

うう、どうしよう、実は村上春樹って苦手なのよね。

途中下車しようかなと迷う気持ちを振り切って読み進んでいくと、今度はかなりえげつない男が出てくる。

伊坂作品にはよくこの「鬼畜」、忌まわしい殺人鬼やレイプ犯などが出てくるが、今回の男は特に酷い。

何だかムカついてきて、敵前逃亡しようかな、と思いながらも、歯をくいしばりながら(ちと大げさだが)前進を続ける。そして・・・。

ラストは爽やかなものだった、読んで良かった。

シュールな世界に最初は違和感があったが、だんだん現実の生々しい世界と溶け合っていくあたりは、著者の筆致力のすごさだろう。

「名探偵」がその役割を捨て、祈り始めた時、物語は進み出すのだ。

後の作品に比べると、ミステリーっぽくないが、会話のあちこちに著者の生き方、考え方が反映され、名刺代わりの1枚、強い思いが溢れたデビュー作だと思う。

オーデュボンの祈り (新潮文庫)