サンセット最近「死」についてよく考える。
どんな最期を迎えるのか想像するのは楽しい。

これまでの人生がままならないものだったので、せめて「死」だけは自分の理想的なものでありたいと願うが、これまた難しい。

何より「死の恐怖」に打ち勝つ事が出来るかが問題だ。
突発的な事故以外は、死はジワリジワリとやってくる。

「恐怖」を乗り越え、穏やかに死を迎えられる瞬間が果たして自分に訪れるだろうか。

さて、『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』というドイツ映画のDVDを観た。

内容は、
病院で同室となったマーチンとルディは、それぞれ骨肉腫と脳腫瘍を患った末期の患者だ。

おとなしそうな青年ルディの「海を見た事がない」という言葉に、ヤンチャな男マーチンが反応、やがて意気投合し、二人して病室を抜け出し、ベンツを盗み、まっしぐらに海に向かうはず・・・・・だった。

だがその盗んだベンツはギャングのもので、しかもトランクには大金がはいっており、途中やむなく強盗を犯した二人の末期患者は、ギャングと警察両方に追われながらも海に向かうのだった・・・・。

いやぁ面白かった、素晴らしいロードムービーだ。

徹頭徹尾、無駄のないスタイリッシュな映像、登場人物全てに味があり、科白の一つ一つが小気味よく、ビターなユーモアに溢れている。

ややタランティーノぽかったりするが彼ほど調子に乗ったりはしない。
そして音楽のセンスも渋い。

映画の長さも90分とコンパクトで、テンポの良い展開とユーモアに、くすっと笑ったり、しんみりしてるうちにラストを迎える。

何より良いなと思うのは、二人の末期患者の青年について、その素性やどんな人生を送っていたのか一切言及していない点だ。
家族がいるのか、結婚しているのかも分からない。

そして病気を恨んでいないこと。

彼らの心はただ「海を見る」の一点に収斂している。

だがその目的を果たしてしまったら。

「死の恐怖」を「海を見る」ということに置き換えていた彼らは、目的を果たした後、どうなってしまうのだろうか・・・・・。

そして迎えたラストの何とも深遠で、かつ清々しいこと。うらやましい。

とりあえず、持つべきものは運転免許証と友達ですね。

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア デジタルニューマスター [DVD]
ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア デジタルニューマスター [DVD]
クチコミを見る