ある活字中毒者の日記

       神は細部に宿る

日本映画

遠いハルキスト

村上春樹のファンのことを「ハルキスト」というそうだが、実は私、彼の小説が苦手である。

何度もトライしてみたが、あの都会的でクール、かつ不吉な予兆を感じさせるスタイルが、泥臭い私の体質には合わないようだ。

言うなれば、高級化粧品のファンデーションなのに、自分の肌にはなじまない、といった感じか。

「村上春樹のファンだ」という人を見つけるたびに羨ましく思い、仲間入りしたいなと思いつつなかなか叶えられない。

でも、エッセイは好きだし、小説でも、短編なら気に入った作品がいくつかある。

さて、『トニー滝谷』という日本映画のDVDを観た。
原作はもちろん村上春樹。

そう言えば、彼の作品はあまり映像化されていない。
彼自身、映画にも造詣が深いのに不思議だ。

ミステリー作家の伊坂幸太郎氏など、やたら映画化しているのに・・・。

まぁとにかく『トニー滝谷』だが、原作は、短編集『レキシントンの幽霊』に収められている(この短編集では私の好きな「めくらやなぎと、眠る女」もあるのだ♪)

映画で、主役のトニー滝谷とその父親役はイッセー尾形。

孤独の中で呼吸しているような男を見事に演じている。

そして彼の妻になるのが宮沢りえ。

まさしく現実離れした美しい女だ。

理想的な妻でありながら、際限なく高級ブランドの服を買い求める女、なんて矛盾した役、彼女以外に適役がいるだろうか。

孤高の男の束の間の安らぎ、喪失、そして再び訪れた孤独。

寂しい結末なのに、なぜか明るい印象を残して物語は終わる。

上映時間をみると76分。普通の映画よりかなり短い。

私的にはちょうど良いくらい。これ以上長くなると、ちょっと辛くなっていたかもしれない。

そして思った。映画や短編ではなく、ゆっくり村上春樹の長編を楽しむ日がいつか来るのだろうか・・・。

レキシントンの幽霊 (文春文庫)


 

 

ゆるーい東京の歩き方


不景気のせいか、私の住む地元の商店街は、軒並みシャッターストリートと化しているが、中には細々と商いを続けている店もある。それがまた謎なのだ。

十年一日のごとくのディスプレイ、ホコリだらけの商品、客の気配のない店内とやる気なさそうな店主。

この人たちって、どうやって生計を立てているのだろう?不思議でならない。

さて、日本映画『転々』の中で、登場人物が同じような疑問を率直に店主に尋ねるシーンがある。結果はトホホに終わったが。

この『転々』という映画も、不思議な作品だ。

オダギリジョー扮する大学8年生竹村は、借金が84万ある。返済期限はあと3日。

そこへ取り立て屋の福原(三浦友和怪演!)から借金をチャラにする方法を提案される。

それは、福原に付き合って霞が関までの散歩に付き合うこと。報酬は、百万円。

怪しすぎる話に躊躇するも、背に腹はかえられず、竹村は恐る恐る福原と一緒に歩いて行くことになる。

まず、2人の歩く街の風景が素晴らしい。

ディープな東京の街を、なめ回すように映像は進んでいく。

ここで描かれているのは、首都東京でも、国際都市TOKYOでもなく、関東ローム層に乗っかった一地方の東京だ。

そのたたずまいは猥雑でいい加減で懐かしい。

つか高層ビルを除けば、私の住む街と変わらない空気だ。

そしてそこに住む人々はひたすらゆるい。

だがそれは、丸腰の人間が、現実世界の不条理を受け入れながらも、たくましく生き抜いていくためのゆるさなのだ。

ところで、上記で「散歩」という言葉を使ったが、これは実際は散歩ではない。なぜなら福原の目的は決まっているから。

だから「散歩」よりは「寄り道」「道草」という言葉の方が相応しい。

シビアで重い『目的』に行く前に、ほんのひと時「寄り道」をしたかったのだ。

そしてこの「寄り道」の最後、孤独な2人の男の目に、東京の姿はどう映ったのだろうか。

 



 

 

杜の都の外国人

憧れている都市の一つに、宮城県の仙台市がある。

 今だ行ったことがないので勝手な想像だが、涼やかでしっとりした杜の都というイメージなのだ。

ごみごみとした暑苦しい北九州などと比べ、整然と落ち着いて、さぞ学問などに打ち込むにはふさわしい場所かなとも想像する。

だれが犯人?さて、伊坂幸太郎氏の同名小説を映画化した『アヒルと鴨のコインロッカー』というDVDを観た。舞台は、その仙台だ。

仙台の大学に入学し1人暮らしを始めた椎名と、同じアパートの隣人との不思議な友情と、少しずつ明かされる思いがけぬ過去。

最初、隣人のセリフの棒読みに、「下手な俳優だな」と思ったのだが、途中でその理由が分かってくる。

伏線作りが絶妙で、観終わった後、思わずうなってしまったが、惜しむらくは、真相が分かるのが早すぎた。

もっとラスト近くで分かった方が、驚きが大きいと思うのだが、この物語はいわゆるサスペンスとは違うので、これはこれで良かったのかもしれない。

とても秀逸な作品だが、気になった点が2つある。

まず引っ越してきた椎名が、アパートの住人にお土産のお菓子を配るのだが、それが「吉野堂」のひよこなのだ。

「ひよこ」は福岡の筑豊飯塚が発祥の地で、福岡の銘菓だ。

東京から来た椎名がなぜ「ひよこ」を配るのだろうか。

コインロッカー単にスタッフの間違いか、それとも椎名のおっちょこちょいを演出するためか。

もう一つは、ある登場人物の言葉、「僕が外国人だったら君は相手をしてくれないだろう」というセリフだ。

他にも大学生やバスの運転手が、外国人に対して冷たい態度をとるシーンが印象に残っている。

私の住む福岡では、外国から来たということで、逆に人気者になることはあっても、そんなに冷たい扱いはされないと思う。

これは福岡人の持つ、新しいものをすぐ受け入れる進取の気質だろうか。

だが、福岡人は飽きっぽいところもある。

親切さや情の深さが長続きするかというと、そうでもないのだ。

逆に仙台の人の方が、最初は取っ付きにくくても、付き合いが長くなるにつれ、親交が深まるような気がする。

そんな訳で、これから日本に来られる外国人の方。短期留学だったら福岡、ゆっくり学問を修めたいのなら宮城県をお薦めする。

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

 

 

 

河童のいた夏休み

河童2ビミョー』というのは、実に便利な言葉だ。

ハッキリ返事が出来ない時、自信がないとき、
「ちょっとビミョーなのよね」と言えば、何となく先延ばしがゆるされる。

だが人間はともかく、野性の河童はこの言葉は理解できないだろう。

そういえば『河童のクゥと夏休み』というアニメ映画の中でも、主人公のお父さんが、家族に「今年の夏休みの予定は〜」と責められて、「仕事がビミョーなのよね〜」と答えていた。

さて、このアニメ映画、最近の萌えアニメと違って、大変写実的だ。

もちろん映像は大変美しい。特に、主人公、小学生の康一と河童のクゥが、岩手県の遠野の川で、泳ぎまわるシーンは秀逸である。
だが、
登場人物などは、あえて可愛く描こうとはしておらず、いたってあっさりしている。

そして私が惹かれたのが、康一とその家族。特にお父さんが良い。

河童がやって来たことに、だれよりもワクワクしている。仕事が忙しい中、家族への思いやりも忘れない、ちょっと気が弱そうだが味のあるお父さんだ。そして当然のようにクゥを受け入れ、淡々と暮らしている家族。

河童が来なくても、この一家だけで、一本映画が出来そうだ。

そして河童の描写。

頭のお皿がかわくと弱り、きゅうりが好きで川が好き。
なぜか人間の言葉(江戸時代の百姓ことば)をしゃべる。

まるでコテコテのステレオタイプの河童だ。

彼が好きなものは死んだお父さん、夢は仲間と自然の中で暮らすこと。

そんな単純な河童に比べて人間界のなんと複雑なことよ。

クラスでみんなから苛められているのに、表情も変えず涙一つ流さない女の子。その彼女が気になるのに、なぜか「ブス!」と言ってしまう康一。河童がいる康一を羨ましく思うあまり仲間はずれにする同級生。

その康一が夏休み、岩手の遠野へ、河童のクゥと旅に出る時、なぜかひそかに涙ぐむお母さん。
クゥを大事に思いながらも、会社の取引先に頼まれ、テレビ出演をひき受けてしまうお父さん。

みながそれぞれ複雑な思いを抱えている。

だが、クゥと付き合ううちに、みな少しずつ、その複雑さから解放されていく。

反面、クゥは礼儀正しく人間社会に耐えてきたが、段々限界に近づいてくる。

そして最後、康一の家族は、クゥのためにある決断をするのだ・・・・。

見終わった後、クゥちゃんよりも、悩みつつも最善の選択をした康一家族の暖かさが、いつまでも心に残った。

河童1

 

 

 

 

河童のクゥと夏休み

 

原爆に消えた青春

桜の国今でこそ、『PTSD』や『トラウマ』など、よく使われているが、そんな言葉の存在さえなかった戦時中、空襲で家族や家を焼かれた人々、
ましてや「原子爆弾」という、全く予想もつかない恐ろしい体験をした広島や長崎の人たちの、心の苦しみとは、いかばかりだっただろうか。

夕凪の街 桜の国』という映画を観た。

まずエンドロールの間、観客誰一人席を立たなかったというのは、久々の出来事だ。

この物語は2部構成をとっており、まず広島に原爆が落ちて13年後、皆実という26歳の被爆女性の話から始まる。

父や妹、そして多くの人が焼け死んだのに、自分は生き残っている・・・
皆実はそのことに罪悪感を持っており、職場の同僚、打越から愛を告白されても、それを受け入れることが出来ない。自分は幸せになってはいけないと思い込んでいるのだ。

だが、彼女は、ついに打越に胸の苦しみをすべて告白する。

「生きとってくれてありがとう・・」

打越の言葉に、涙にくれる皆実。

夕凪の街しかし、それは束の間の安らぎであった。
彼女の体は原爆の後遺症で、もう余命いくばくもなかったのだ。

不思議な事に、原爆症の病状がはっきり出てきてからの皆実には、今までなかった、安らぎの表情がうかがえる。

「やっと私もみんなのところへ行ける」「重荷から開放される」

力ない目は、死を夢見ているようだ。

だが、彼女はただの薄幸の女性ではない。

今わの際に彼女はつぶやく。

「なぁうれしい? 13年もたったけど、原爆落した人は、私を見て『やったー、また1人殺せた』て、ちゃんと思うてくれとる?」

か細くて、触れなば落ちん風情の皆実から出てきた、思いがけない言葉に唖然となった。

この物語に出てくる人たちは皆優しいが、時に残酷な言葉も吐く。

皆実の母が、自らも被爆者でありながら、息子が近所に住む被爆経験のある女性と付き合っているのを知り

「あんたヒバクシャと結婚するとか」「お前を可愛がってくれた伯母さんに顔向けできん」と、なじる。

優しさだけでは生きてはいけないのだ。

さて、第2部は、平成19年の今。

母親になじられていた息子(皆実の弟)の娘、七波が主役である。

ここでは「被爆2世」の問題が出てくる。

七波もその弟も、母や祖母が原爆の後遺症で死んだらしいことはうっすら感じているが、親に聞いた事はない。

親は教えてくれないし、子供も、聞くのがためらわれるのだ。

だが2人とも年頃、弟は子供の頃から原因不明の喘息に悩まされており、漠とした不安に包まれながらも、表面上は呑気に暮らしている。

やがて彼女は、最近の父の不穏な行動を見張っているうちに、彼らの思いがけない過去を知るのだ・・・・。

七波を演ずる田中麗奈が良い。

彼女の真摯な眼差しは、幸福から逃げてきた皆実にはない力強さがある。

それが、ウェットになりがちな物語を明るく引き締めてくれる。

そして彼女なら、親世代が背負った不幸でさえ大らかに受け止めてくれるだろう。

多くの広島や長崎の被爆2世3世の皆さんが、力強く生き抜いているように。

夕凪の街桜の国

 

 

 

 

 

 

 

 


 

天使の集まり

kisaragi黒づくめの男達が集まり、お互いを記号で呼び合いながら際限なくおしゃべりをする・・・・と、まるでタランティーノ監督の『レザボア・ドックス』を彷彿させるワンシチュエーション・サスペンス映画が、この
『キサラギ』だ。

彼ら5人は、1年前に自殺したあるB級アイドル「如月ミキ」のファンで、インターネットのファンサイトで知り合い、彼女の一周忌に、つどう事になったのだ。

最初はただのアイドルオタの集まりかと思ったら、それぞれに思いがけない過去を持ち、おしゃべりを続けるうちに、彼らが、それぞれ彼女の死に関わっている事を知る。
果たして真相は、本当に彼女は自殺したのか。激しい議論は、意外な方向へ彼らを連れて行く。

この一見むさい男達のしゃべりが面白い。話す内容もだが、間の取りかたが秀逸だ。

こんなに会話だけで楽しませてくれる日本映画なんて、ほんと何年振りだろう。

そして見終わった後の清々しさ。心がホッと温かいなるような充足感。

彼らが、死んでしまったアイドルをいつまでも愛し、慕うさまは、まるでキリストの使徒のようだ。

ほんの束の間だが、性善説を信じたくなってきた。


 

 

 

 

お兄ちゃんには敵わない

車に乗っていてよく考えてしまうのが、近くのガソリンスタンドの従業員の接客姿勢だ。

夏の炎天下、または寒風吹きすさぶ冬も、彼らは直立不動で待機している。
そして車が来れば、「いらっしゃいませ〜〜」と絶叫し、その後、窓拭き、ゴミ棄てと、接客はおおわらわである。

思うに、暑さ寒さの中従業員を立たせて、無駄に体力を消耗させるより、室内で出来る作業をさせたほうが良いのではないか。
それともそんな甘い考えでは、厳しいGS業界を生き残れないのか・・。

このたび、再上映館で観た映画『ゆれる』で香川照之演じる稔は、父の経営するそんなGSの従業員だ。

この物語は、東京でカメラマンをしている弟、猛(オダギリジョー)が母の一周忌のため、久しぶりに田舎の実家に帰るところから始まる。

実家は兄の稔が父と2人で暮らしているのだが、この父がまた傲慢で酒が入ると暴れだす嫌なじじいなのだ。

稔は、だから昼間はGSで1日客に頭を下げて働き、家に帰れば炊事・洗濯に追われ、おまけに父の小言にも付き合わなくてはならない。

狭い田舎町で、35歳の彼は恋人もおらず(つかあんな親父がいたら誰も嫁にこないでしょ)、それでも、心配りを忘れず、いつも人に笑顔で接するような男なのだ。その優しさがなんだか怖い。

さて、事件は、稔と猛と幼なじみの智恵子と3人、渓谷に遊びに行った時に起きる。

智恵子が吊橋から落ち、やがて稔が、殺人容疑で逮捕されるのだ。

そして裁判が始まり、事件は意外な展開を見せる・・・。

この物語で白眉なのは、兄、稔役の香川照之の演技だ。

特に、猛が智恵子と関係を持ち、夜遅く家に帰ってくると、稔が1人ぽつねんと洗濯物を畳んでいる後姿。鳥肌が立った。

父、弟、幼なじみの女、みな思いやりのない連中ばかりなのに、この稔だけがまるで、悟りを得た人のような仏性をそなえている。

事件の真相はまるで『藪の中』のようで、私には分らない。
ただ稔にしてみれば、今の暮し、狭い田舎の閉塞感の中で、父にこき使われて生活するより、刑務所の方が良いのかもしれない。

つか、吊橋から落ちたのが父親だったら、ハッピーエンドだったかも。

ゆれる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日とつぜん冤罪に

スオウ
映画『それでもボクはやってない』の周防正行監督の写真を見て、びっくりした。この人ずい分老けたなぁ。

『Shall we ダンス?』の時は、まだ若々しく、育ちの良い青年という佇まいだったのに。
その頃、雑誌の対談で、故淀川長治氏からも「君はいつまでも若いね」
などとからかわれていたのが、この変わりようは何だ。
美人の嫁さんから精気を吸い取られているのか。

ま、監督の容貌はともかくとして、11年ぶりの新作は、渋かった。
周防監督といえば、品の良いコメディというイメージだったのだが、
いつかは甘くなるだろうと思った柿は、結局最後まで渋いまま。

痴漢冤罪事件については、以前新聞によく取り上げられた事もあり、被疑者に対する理不尽な容赦ない扱われようは、聞いてはいても、やはり見ていて胸が切なくなる。

被疑者を演ずる加瀬亮は、『硫黄島からの手紙』でも、運の悪い憲兵くずれの兵隊をやっていたが、この作品でも、おっとりしているようで変に意固地な性格が、すべて悪い方悪い方に出ている。

また、小日向文世が、煮ても焼いても食えない、鵺(ぬえ)のような裁判官を見事に演じている。こんな人ホントにいそうで、背筋がぞっとする。

だが、数々の災難はあっても、この被疑者には応援してくれる親や友だちがいるし、頼もしい弁護士の存在もある。

もし私が何らかの冤罪に巻き込まれた場合、味方になってくれる友が果たしているだろうか?
「う〜ん、あの人ならやりかねませんね」などと逆に言われそうだ。

そんな訳で、あらためて、家族や友人は大事にしよう。

周防

 

 

 

 

 

 

変革はフラダンスと共に

今話題の映画、「フラガール」を観に行った。

あまり期待してなかったのだが、どうして面白く、日本映画では久々に堪能させてもらった。

内容は、昭和40年、閉山が相次ぐ炭鉱の町、福島県いわき市。町を救うため「ハワイアンセンター」が建設され、炭鉱の娘達が、ハワイアン・ダンサーになるべく特訓を受けることになる。

最初は戸惑っていた田舎娘たちも、やがてダンスの魅力にひかれてゆき、鬼先生の下、町の人々の偏見や数々の障害にもめげず、立派なハワイアンダンサーを目指して努力を重ねる・・・・と言う、まったくベタな内容なのだが、気持ちよく涙が流せた、さわやかな作品であった。

役者はみな素晴らしかったが、特に富司純子さんが演じた、一本気な母親は、70年代、緋牡丹お竜の藤純子を彷彿させ、しびれた。

だが、ひねくれ者の私は考えてしまう。たとえフラダンスが成功しても、それだけで町は救えない。

ハワイアンダンサーの栄えあるお披露目の日、蒼井優演ずるチームリーダーのお兄さんは、いつものように炭鉱に向う。
ダンス仲間の一人は、父親が解雇されたので、寒い北国の炭鉱への引越しを余儀なくされた。

まともに考えれば炭鉱に未来はないのだが、多くの男達がヤマに執着し、転職した仲間を冷たい目で見る。

これほど、時代の波に乗るというのは至難の技なのだ。特に炭鉱の男にとっては。

産業の転換期において、このような悲劇はなくならない。
娘たちの晴れやかなフラダンスは、そんな男達(女もだが)への心強いエールのようにも思われた。

フラガール

 

GWは引きこもってビデオを見ます

0289東京近隣の県は何故か不遇である。特に埼玉県や茨城県はメディアにおいて、「中途半端な田舎」「ダサい」と酷評されることが多い。

いっそ九州や東北といった本物の田舎は「地方文化圏」として敬意を払われているのに、その差は一体なんだ?ムリすれば都心に遠距離通勤ができる、ビミョーな距離のせいか。

さて、「下妻物語」は茨城県下妻を舞台にした青春映画である。

桃子役の深田恭子ちゃんがすごい。大根なのにベテラン女優の風格がある。彼女が演ずるのは、ヤンキーの国ジャージランドに生まれ、下っ端極道を父として持ちながら、なぜかロココ調ロリータファッションに魅せられている少女だ。

そして今どき暴走族レディス、イチ子役の土屋アンナ。日本で一番ロリータファッションが似合うモデルの彼女が、妙に小市民的なヤンキーを好演している。

・・・見終わった後やられたな・・と思った。斬新でポップな映像の中に、変わらない友情の姿が垣間見られるのだ。たくさんの友人を持つより、ひとりの友と深く心を通わせる方が人生愉しいかもしれない。

それにしても、郊外の町にイオングループ、よく似合う。

 

 
下妻物語 スタンダード・エディション

Recent Comments
Recent TrackBacks
黒木メイサ!なんと全裸!ドラマジウでベッドシーンに挑戦!画像 (黒木メイサが裸!ドラマジウ警視庁特殊犯捜査係で!画像)
疾走する街
BALLAD 名もなき恋のうた 草なぎ剛・新垣結衣・全裸・動画・画像 (「BALLAD名もなき恋のうた」「アッパレ!戦国大合戦」)
疾走する街
あなたの自宅が陶芸教室になる! (初心者のための本格陶芸講座(DVD付))
画家たちの暗い青春
佐々木譲 「警官の血」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ〜ん!)
祝直木賞
西暦907年 - 唐が滅ぶ (ぱふぅ家のホームページ)
白紙にもどそう・・・
山本五十六 男の修行 (名言格言ことわざそして感動)
北の地でカニを食べたい
スヤスヤ午睡のラン、リーと私は急いでspa (マダム スンの台湾と日本の片隅で)
鳥獣たちの午睡
頑張ってはみたがぁ… (前向きに進みたい!!うつな自分)
うつぶせで寝る夢はどんな夢?
Profile
こぢろう
女、ダメ人間、ロード・オブ・ザ負け犬

趣味  活字読み、洋画、ロック、下手な手編みのセーターを無理やりプレゼントすること。
  • ライブドアブログ