ある活字中毒者の日記

       神は細部に宿る

戯言

ちびくろサンボはカレーを食べた

虎バターをたっぷり使ったホットケーキが出てくる『ちびくろサンボ』は、だれもが好きは童話だが、この作品について、今は亡き米原万里氏が、著書『旅行者の食卓』で、こんなことを書いている。

サンボはいわゆる黒人(ネイティブアフリカン)ではなく、インド人だったのだ。

『ちびくろサンボ』の著者は、英国人、ヘレン・バナーマンで、彼女は当時、夫と共に、植民地であったインドの奥地で、医療活動をしていたらしい。
そして離れて暮らしている子供たちのために絵手紙を送り、その中に、小さい男の子と虎のお話もあった。

その物語がやがて英国で絵本になり、世界中に翻訳された訳で、実際、作者ヘレンの描いた絵ではサンボはインド人の顔をしている。

それを日本の出版社がステレオタイプの、色が黒くてアフロヘアーの黒人に仕上げてしまったらしい。

確かに虎は、アジアのみで生息する動物だ。そしてホットケーキというのは、あのふかふかのパンケーキではなく、インド料理でおなじみのナンらしい。

そして虎バターと言うのも、インドでよく使う油脂、ギーとの事。

サンボが食べたのは、ナンだったのか。

ただ、無味無臭のナンだけを169枚も食べるのは考えにくい。
そうか、サンボは、それでカレーを食べたのだ。

インドの青い空、熱い風、黄色い虎。

サンボの赤いシャツ、青いズボン。日傘。

焼きたての香ばしいナンに付けた褐色のカレー。

出版社が原作に忠実であれば、また違った『ちびくろサンボ』が生まれたことだろう。そしてカレーはもとより、ナンも今以上に普及したにちがいない。

昼食にホットケーキを焼いて食べ、夕食にカレーを食した日曜の休日にふと浮かんだ妄想でした。

旅行者の朝食 (文春文庫)
旅行者の朝食 (文春文庫)
クチコミを見る
ちびくろ・さんぼ
ちびくろ・さんぼ
クチコミを見る

 

 

 

 

ノーベル賞を利用する人たち

浅田次郎の中国歴史小説、『蒼穹の昴』の続編である『中原の虹』が、待望の文庫化されたので、早速1巻と2巻を読みふけった。

魅力的な満州の馬賊の長、張作霖は国の未来を変えることが出来るのか、西太后亡き後、黄昏の清国はいかに崩壊していくのか・・・・。

続きの3巻4巻は、今月の15日に刊行されるそうで、今は身もだえしながら待っている状態である。

浅田氏のけれん味のある文章には、いつも「うーん、あざといな」と思いつつのめり込んでしまう。

そんな訳で、身を持て余している時に耳に入った、中国人初のノーベル賞のニュース。
平和賞を受賞したのは民主活動家で、現在服役中の劉暁波さん。

・・・・なんだかすっきりしない。なぜ彼を平和賞に選んだのか。

もちろん、ノーベル賞委員会側には彼を選んだ正当な理由や経緯があるのだろうが、しかし・・・・。

理由は何であれ、本国で刑に服している人間を選ぶのはいかがなものか。あんたの国は、間違っていると喧嘩を売っているようなものではないか。

中国側は当然、弾圧や対抗措置をとるだろうし、それに対してノルウェー外相の「ノーベル賞委員会は政府から独立した組織だからー」という言葉もなんだかしらじらしい。

私自身は中国政府は大嫌いだが、今回のやり方は『ノーベル平和賞』という、いわば錦の御旗で、西欧の価値観を押し付けているようで不愉快なのだ。

確かに「民主化」とは耳触りの良い言葉だ。

だが、人口500万も満たないノルウェーと14億の中国を同じ土俵で考えるのはおかしい。

オバマ大統領らはこれを機会に、劉氏の釈放を、と言っているようだが、それは僭越というものだろう。

そんな訳で、何だかイラっとしている時に、今度は日本の受賞者の発言。

ノーベル化学賞に輝いた鈴木章北海道大名誉教授(80)は8日、産経新聞の取材に応じ、「日本の科学技術力は非常にレベルが高く、今後も維持していかねばならない」と強調した。昨年11月に政府の事業仕分けで注目された蓮舫行政刷新担当相の「2位じゃだめなんでしょうか」との発言については、「科学や技術を全く知らない人の言葉だ」とばっさり切り捨てた。(産経新聞)

ノーベル賞はかくも人を傲慢にさせるものなのか。

鈴木氏の言葉は、たぶんマスコミに誘導されて言わされたのかもしれないが、何だか、勝てば官軍というか、鬼の首を取ったような感じで、とても残念だ。

思うにノーベル賞ってそんなに凄いものなのか。

ノーベル賞に縁がなくても、立派な仕事をした人は世にたくさんいる。

たとえば、アフガニスタンで長年井戸掘りをしている中村哲氏とか。

いつか中村氏にはノーベル平和賞を取ってもらいたいなぁと思ってしまう私も、やっぱり権威主義者なのか・・・。

中原の虹 (1) (講談社文庫)
中原の虹 (1) (講談社文庫)
クチコミを見る
中原の虹 (2) (講談社文庫)
中原の虹 (2) (講談社文庫)
クチコミを見る

 


 

 

 

 

 

虎年快楽!

皆さま、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします白い帆船

昨年は、後半から読書の量が大幅に減り、とくに最後の2カ月は殆ど読んでない状態でお恥ずかしい限り。今年は読むぞ!

絵の勉強も精を出さねばと思うのだが、自分で「ああ下手くそだな、才能ゼロじゃん自分」と落ち込みつつ描き続けるのはちと辛い。せめてブログにアップ出来るほどには上達したいと思うが。

ところで今年のお節料理だが、これがなかなか好評。
老父からは「お節は縁起もので、そんなにうまいものじゃない」と毎年けなされ、このじじぃめ〜と例年イラっとしていたが、今日なぜか「おいしいおいしい」と、お代わりして食べたのには驚いた。(メニューは定番なのに)
味の好みが変わったのか、それとも単にボケたのか〜。

suzukiさて読書において、今まで雑食系だったが、もうそろそろジャンルを決めた方が良いかなと思っている。時間も体力も限りあるし。とりあえず日本の歴史、それとアメリカの人種問題(これはマイケルの事も絡んでいるけど)について学んでいきたい。

今年は冬季オリンピックとサッカーワールドカップがあり楽しみだ。不況不況と言いながらも日常に楽しみは溢れている。

これからも、日々小さな楽しみを見つけていきたい。

 

お金の苦労は買ってでも・・

世の中は金だ不景気のせいか、私が勤める職場でも、就業時間カットや日数カットが日常的になってきた。

ただでさえ低い給料が下がるのは切実な問題なのだが、まずは生活防御策を考えねば。

ところで、太宰治の『斜陽』の中にこんな言葉がある。

ああ、お金がなくなるという事は、なんというおそろしい、みじめな、救いのない地獄だろう、と生まれてはじめて気がついた思いで、胸が一ぱいになり、あまりに苦しくて泣きたくても泣けず、人生の厳粛とは、こんな時の感じを言うのであろうか、身動き一つできない気持ちで、仰向けに寝たまま、私は石のように凝っとしていた。

旧華族の娘和子が、生まれて初めて直面する厳しい現実だが、今まで苦労知らずでのんびり過ごしてきたお嬢様ならば、そのショックは筆舌に尽くしがたいであろう。

さて、お金の苦労は出来ればしたくないものだが、それでもただ一つ、良い事がある。

金が悲劇を生むそれは本質的な悩み、解決できない苦しみを、一時でも忘れさせてくれる事だ。例えば・・

自分はなんてブスなんだ、しかも能力もないし、何の取り柄もない、最近、歳取って体のあちこちにガタが出てきたし、このまま無駄に歳取っていくだけ、何のために生きているのだか・・・・・。

こんな、考えてもしょうがない不毛な悩みなど、お金の苦労の前では、一瞬に消え去ってしまう。

お金の苦労は実に生々しく現実的でシンプル、だから最強なのだ。

そういえば聞いた話だが、女性の更年期障害の不定愁訴について、裕福な家庭の女性の方が、症状が出やすいらしい。

生活に追われ、四苦八苦している女性は、あまり不定愁訴を感じないという。

そう言えば私もどっぷり更年期世代だが、特有の症状、のぼせ、めまい、憂うつ、肩こりなど感じたこともない。

私の脳の危機管理センターが、「おまえ、それどころじゃねーだろ、とっとと働け!」と、サインを流しているのかも。

そんなわけで、お金の苦労って悪いことばかりじゃないと思う。もちろん程度によるが。

適当な負荷を背負いながら生きていく方が、自分には向いているのさ、と言い訳しながら、生きていこう!

斜陽 (角川文庫クラシックス)
斜陽 (角川文庫クラシックス)
クチコミを見る

 

 

 

熱っぽい日々

先週、何年かぶりに風邪らしきものをひいた。

妙に体がだるく熱っぽいなぁと思いつつ、せっせと洗濯掃除に励んでいたのだが、あまりにだるいので、これも何年かぶりで体温計をはかってみたら39度近くあり、そのままヘナヘナと倒れ込んでしまった。

さて、どうしたものかとベッドの中で考えながらふと思いついたのは、昔読んだ、野口晴哉著『風邪の効用』だ。

著書によると「風邪」とは体の偏りで起こるものであり、この症状を「薬」で無理に抑えるのではなく、自然に「経過」させることで、ひいた後は、一皮むけた、より新鮮な体になるという。

「よし、このチャンスに人体実験だ。長年の偏りを治し、新鮮な体を手に入れよう!」

と、薬も飲まず医者にも行かずを実践してみたのだが・・・・・。

・・・一週間たって、熱は平熱に下がったが、咳や鼻水は相変わらず、しかも昨日からトイレの後残尿感がある、これは、まずい・・・・・。

あわてて病院に駆け込むことになり、かくして、私の「風邪の効用」は失敗に終わったのであった。

考えてみるに、この本にかいてある風邪の対処法は、人を選ぶ。

まず体力のある人で、家でゆっくり静養できるような、時間的、金銭的にゆとりのある人に限られる。
ビンボーなおばさんがやっちゃいけないんだ。

しかも「風邪」と思っていても、実は他の病気だったてこともあり得るわけで。

そうなると、この『風邪の効用』に書かれているのは、今の時代、とても贅沢な休暇かもしれない。

風邪の効用 (ちくま文庫)
風邪の効用 (ちくま文庫)
クチコミを見る

南の街に雪が降る

一昨日の昼、街を歩いていると、ひらひらと白いものが落ちてきた。

「雪だ」

九州北部では毎年、1月の終わりから2月にかけて雪の降る日がある。

そう言えば今日はやけに冷え込むし、街の音も静かだ。

「積もるかもしれない♪」

何となくわくわくした気持ちでオフィスに向かう。

夕方5時。会社の休憩室の窓を見ると一面銀世界!!

職場の友人たちの、帰りの道路が渋滞するだの、JRが遅れるだの、明日雪が積もって出勤できなかったらどうしようだのボヤキにうなずきながらも、心の中は嬉しくて庭かけ回りたくなるのをぐっとこらえる。

夜の帰り道、家の前の坂道も真っ白な雪でほのかに明るい。

北海道のパウダースノーとは程遠い、しっけのある重い雪だが、積もったばかりのそれは、踏み込むたびにキュッキュッと音がして幸せな気分にさせる。

「どうか明日はもっと積もっていますように・・・・・」

翌朝、寒い中飛び起き、一番に窓の外を見る。

・・・・・でもそこに私の願った風景はなかった。

家々の屋根や道路の端に残雪がへばりついているだけだ。そして冷たい雨に変わっている。思ったほど気温が下がらなかったらしい。

束の間の銀世界は一晩で遠い空に消え、変わらない日常がまた始まった。

一夜の雪

 

 

 

 

うつぶせで寝る夢はどんな夢?

にわとりさん可愛いおじいちゃん先生、日野原重明さんが提唱しているのに、「うつ伏せ寝」というのがある。

何でもうつ伏せ寝はとても健康に良いらしく、もちろん先生も実行されているらしい。

確かに脊椎動物で、仰向けに寝ているのは人間だけだ。動物で腹を出して寝るというのは、「さぁ食ってください」と言ってるようなものだろう。

96歳になっても現役医師として活躍し、講演活動も行っている先生のいう事だし真実味がある。

でも、うつ伏せねぇ〜。

一時、赤ちゃんのうつ伏せ寝が流行ったことがあった。なんでもその方が背筋力などがつき、子供のスタイルも良くなるとか。

川でもその後、赤ちゃんの突然死などが言われるようになり、たちまちすたれていった。

そういえば昔知り合いの男の子で、お尻の形がとてもカッコいい子がいた。ヒップが小さめでキュッと上にあがっているのだ。

冗談で褒めたところ、彼は「僕、うつ伏せ寝で育ったから」と笑った。本当だろうか。

でもまあ日野原センセが勧めるのなら「うつ伏せ寝」やってみようと思う。だがこれがなかなか難しい。

まず胸が圧迫感があるし、首や顔の向きも気になる

一番の問題は顔に枕の跡がつく事だ。

復元力のある若い肌なら、顔を洗えば跡はすぐ消えるが、もはや寄る年波、顔にまくらの筋を一日中つけて過ごしたくない。

先生考案うつ伏せ枕日野原さん考案のうつ伏せ専用枕を使えば良いのだろうが、わざわざお金使いたくないし。

ていうか、先生、そのお歳でまだ商売するですか!!

生きかた上手

うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践!
うつぶせ寝健康法―日野原先生も毎日実践!

 

 

 

 

 

乃木さんを責めないでPART2

『坂の上の雲』を読んで、司馬遼太郎氏からケチョンケチョンに、けなされている乃木大将を気の毒に思い、ふと乃木神社に参ってみようと思いたち、下関市へ出向いた。

柔らかい日差しがふり注ぐ、小春日和の城下町長府。
乃木神社は商店街と閑静な住宅街の合間にひっそりと建っている。

乃木神社の鳥居近くにある忌宮神社に比べても小さく、飾り気のない質素なたたずまいで、まあ乃木さんらしいと言えようか。

神社の前にはディケア・センターのバスが止まっており、ご老人達が三々五々、ヘルパーの人達に手をひかれ、あるいは車椅子で参拝していた。

私もいざ参拝しようとして、はて願い事は何にしようか。

一応『学問の神様』らしいのだが、小説の中でさんざん「無能」だの「戦下手」などと書かれていたのでちょっとためらう。

そういえば乃木将軍は文才があり、漢詩においては、思想家であり教203高地の漢詩育者でもある志賀重兇任気─崋分も遠く及ばない」と驚嘆したほどだ。

そんな訳で『どうかぶんしょうがじょうずになりますように』と、小学生のようなお願いをしてしまった。

そして、ありました。有名な爾霊山(にれいさん)の詩の石碑。

以前参拝した時は全く気がつかなかったが、しみじみと良い詩だ。

爾霊山(203)。爾(なんじ)の霊の山。これは旅順で戦死した無数の兵士の霊に捧げられている。その中には彼の息子の霊もあるのだろう。

また小学校唱歌にもなった『水師営の会見』の石碑や、さざれ石なども祀られており、ここの空間だけ明治の香りだ。

そして神社奥の方には、粗末な家屋がある。乃木大将の生家だ。

乃木さんの生家乃木さんは、今は六本木ヒルズになっている東京都港区出身のシティボーイだが、10歳の時、山口に帰郷したらしい。

6畳と3畳二間の小さな家で、質実剛健、厳しい教育を受けたのだろうな。

正月5日で参拝客も少なく鄙びた神社ではあったが私は満足した。

この寂れた感じが良いのよ。麗麗しく飾られていたら、逆にがっかりしたかもしれない。

さて、帰り、「長府乃木さん通り」というこれまた寂れた商店街を歩いていたらこんな看板を見つけた

レトロにも程がある

乃木さん、こんなにゆるくていいんですかぁ。

 

 

 

 

くんしょうがいっぱい

 

絵を描くよろこび

〜明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます〜。

サンセットさて本年の私の抱負は、恥ずかしながら「絵が上手になる事」だ。

最近、年寄りの冷や水もとい、年寄りの手習いで、デッサンを習い始めた。

実は小学生の頃、漫画を描くのが好きで好きで、白紙のノートを買ってきては、日なが夜なが夢中になって、女王様やバレリーナ、ハンサムな青年などを描いていた時があったのだ。

今考えてみると、それは全く自分だけの世界で、友達や親に見せるわけでもなく、自己陶酔・自己満足で完結していた。

我流だったから当然上達するはずもなく、いつの間にか漫画はおろか、絵を描くのさえ遠のいてしまった。

もし、基礎からきちんと指導を受ける、あるいは人に見せて批評してもらう、という前向きの姿勢だったら、多少なりとも、良い線いっていたのでは、と今にして思う。

レトロ2ただ絵を描く時の原始的な快感、気持のよさは、その後も心に残っており、このたび思い切って基本から始めようと決めたのだ。

だが、いざデッサンを初めてみると、あらためて自分の中の「勝手な思い込み」いわゆる「精神的な動脈硬化」に気付かされ、ちょっとショックだった。

一つのリンゴ、花、石膏などを、邪心のない素直な目で観察し、素直に描くということの何と難しいことか。

だから最近は、リンゴ一個を描く時でも、「自分は謎の惑星Xからやってきた潜入捜査員で、今の私の使命は、生まれて初めて見る、この赤くて丸い物体を正確に描いて祖国に知らせるのだ」
などと、心に言い聞かせている(ちょっとアブナイ?)

そんな訳で、絵はなかなか上達しないが、日々の生活でも濁りのない素直な目で物事を見るよう心がけるようになり、それはそれで得難いものになっている。

ああ、でも早く絵を描くよろこびを味わいたい。

千住博の美術の授業 絵を描く悦び (光文社新書)
千住博の美術の授業 絵を描く悦び (光文社新書)
クチコミを見る

 

 

パーカー考Part2

パーカー(フード付スウェットシャツ)って難しいアイテムだと思う。

まず30歳以上の女は似合わない。

疲れたおばさんが着ても、息子のお古を借りてるみたいだし、おしゃれして化粧バッチリして着るのも不自然だ。

男が着ても下手すると、ニート、おたく、失業中(?)に見られてしまうから要注意。要するにいい年した人が着ると、あまり賢く見えないのだ。

やはりこれは少年、身も軽くさわやかで、しかも美少年だったら最高だ。

かわいいぞさて、ガス・ヴァン・サント監督の映画『パラノイド・パーク』を観た。

この監督、前は『エレファント』という作品で、美しい男子を登場させたが、今回もゲイブ・ネヴァンスという。ききしに勝る17歳の美少年を主役に据えている。

柔らかな金髪が朝日に光り、大きな瞳は憂いを含み、透き通るような白い肌に頬がほんのり赤く、まるで甘い乳の香りがしそうだ。

物語は、16歳のスケート・ボーダーの高校生、アレックスが、ふとしたはずみで人を殺してしまったというだけの話なのだが、その心象風景が素晴らしい。

ウォン・カーウァイ監督作品でおなじみの、撮影監督クリストファー・ドイルの作り出す映像はどこか不安げで、スケートボードと同じように揺らぎ、あたかも少年の心のように彷徨している。

殺人を犯した後も少年は、いつもと変わらず学校へ行き、友達としゃべり、スケートボードをする。でもその心の闇は深い。

パーカーもステキ終始表情が変わらないのは、罪を隠そうとしているのではなく、自分でもこの事実を扱いかねているからだ。

さて、アレックスの服装は、ゲイブ自身の私服だそうだが、Tシャツ、ジーンズなどのカジュアルファッションは、センスがいい。

なんの変哲もないグレーの霜降りのパーカーをはおり、うつむいたその姿となんと美しいこと。

そんな訳で、やはりパーカーを着る人は少年に限る。

青年であれば、イケメンもしくはスポーツをする人限定。

中年以降であれば、チャンピオンベルトを目指してフィラデルフィア美術館の階段をかけ登る人と、トニーレオンだけにとどめたいと思うがどうだろう。

同級生と

 



 

 

 

 

パラノイドパーク
パラノイドパーク

 

 

 

 

 

 

 

 

Recent Comments
Recent TrackBacks
黒木メイサ!なんと全裸!ドラマジウでベッドシーンに挑戦!画像 (黒木メイサが裸!ドラマジウ警視庁特殊犯捜査係で!画像)
疾走する街
BALLAD 名もなき恋のうた 草なぎ剛・新垣結衣・全裸・動画・画像 (「BALLAD名もなき恋のうた」「アッパレ!戦国大合戦」)
疾走する街
あなたの自宅が陶芸教室になる! (初心者のための本格陶芸講座(DVD付))
画家たちの暗い青春
佐々木譲 「警官の血」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ〜ん!)
祝直木賞
西暦907年 - 唐が滅ぶ (ぱふぅ家のホームページ)
白紙にもどそう・・・
山本五十六 男の修行 (名言格言ことわざそして感動)
北の地でカニを食べたい
スヤスヤ午睡のラン、リーと私は急いでspa (マダム スンの台湾と日本の片隅で)
鳥獣たちの午睡
頑張ってはみたがぁ… (前向きに進みたい!!うつな自分)
うつぶせで寝る夢はどんな夢?
Profile
こぢろう
女、ダメ人間、ロード・オブ・ザ負け犬

趣味  活字読み、洋画、ロック、下手な手編みのセーターを無理やりプレゼントすること。
  • ライブドアブログ